ブログ

[ 戻る ]

ひとのこころ

2012-10-28 14:16:52 0 Comments

人の心は面白いもので、持って生まれた星の軽重だけでも

ずいぶんと変わるものです。

仕事に関しての典型的な一例をあげておきます。

星の重さが軽いAさんが新しく仕事を始めました。人柄も良く

最初は仕事に対して丁寧に慎重にとコツコツやっていたのですが

少し馴れて来たとき、仕事の量が急に増え、パニックを起こし、

ノイローゼになりかけました。なぜでしょう?

Aさんの心の中は、星の軽さゆえに、あれもこれも、

まわりから言われるままに手を付けられる所から

いっぺんに処理しようとし、全部が中途半端になり、

結局ほとんどが期日に間に合わず、そのような評価をされました。

その後、そんな自分を責め、自信をなくし、落ち込み、心が閉じてしまった。

これがAさんに起きた事です。



星の重いBさんの場合も同じように新しく仕事を始め、同じように

仕事の量が増えた時、Bさんは、一つの仕事が終わるまでは

決して他の仕事に手を出そうとせず、

他の仕事の進捗状況を問われても適当にお茶をにごし、

今取り組んでいるものにだけ集中し仕事をこなして行きました。

結果は全ての依頼に対して早い遅いの差はあれ、見事にこなし

会社からの信頼を勝ち得ました。

社会に出たばかりの人達が、必ず体験したり、目の当たりにしたりする光景です。

当事者やまわりにいる人達は、これを本人の能力のせいと決めつけ

その人物に対する当面のレッテルが貼られてしまいます。

子供の頃から大人になっても「社会」では当たり前に起きている事実です。

しかし、星の世界からものを見る目ができてくると当人達は

持って生まれた自分の星のままの選択を自然にしているだけで、

単なる方法論の、選択の問題として捉える事ができるようなります。

つまり、AさんがBさんと同じ仕事のやり方をすれば、AさんもBさんと

同じ評価を得られた可能性があったということです。

星の軽い人には重い人の発想はわかりません

同様に重い人には軽い人の発想は理解出来ません

よく聞く「しんじられない!」という言葉の原因は

ここにあります。

男女の中しかり。

推命学も卑しいものから高級すぎるものまでピンキリですが、

私が学び理解した推命学は心理学とはまったく別の観点からの

人の心理というものがあり、思考の選択を変えれば、

いくらでも人の心は変えらるというものです。

人の心が運を作っているとするなら、

運までも変える可能性があるということです。

多くの人が学び、自分自身や大事な人達のために

是非役立てて欲しいものです。


カレンダー

« 2021 年 11月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ