2011/07:ブログ

1 / 4 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-07-31 19:49:55 0 Comments

NHKのニュースで妊活についての報道がありました

女性の妊娠についてのセミナーで、

年代別の妊娠する確率は

20代から35歳までとそれ以降でのリスクが

まったく違うことを初めて知ったという

参加者の声が全体の46パーセントという事でした

これに関するサイトを見つけたので興味のある方は

尋ねてみて下さい。結活.com

子供をつくるというのは男にとっても女にとっても

とても大きな仕事ですが

子供とともに、もう一度人生を生きる喜びを味わうこともできます


2011-07-30 22:42:12 0 Comments

開運トリートメントを依頼して頂き有り難うございます。

何人かの方から不思議と明るくなったという声を頂き

嬉しく思っているのですが、ここからが大事な所です

一応なんとなく過去が水に流れたような感覚で

サッパリしているかもしれませんが、使う言葉や

心がけ次第ですぐに元に戻ります。

過去と同じ事をしていれば、嫌な記憶も、感情とともに

蘇り、元のように暗くなるのは当たり前ですね。

だからこそ一つでも違うことを初めて見ませんか。

特別な事ではなく、ただ、しっかり挨拶するとか

歯を一日に三回磨くとかリフレッシュの時間を自分に

許してあげる事です。そして、相手に優しい言葉を使い

心ではできるだけ相手を許し、許せないのなら諦め、

自分の中の怒りの心をできるだけ鎮めることです

そして、身体には必要のない刺激を与えない事です

自分を大事にするように他人を大事にすれば

自然に運は向いてきます。

トリートメントはそのキッカケです。

自助努力以外に開運はありえません。

これを続ければスターにはなれませんが

平凡ですが普通の生活はできるようになります

これは無くして初めて判る、世の中で一番の幸せです。

犠牲を払う前にこの事に気付く事ができた人が

本当の意味での成功者なのかもしれません


2011-07-30 13:25:31 0 Comments

どこから仕入れてきたのか子供が冗談で

明日の日本の事を真剣に考えているのは

気象庁だけだと言っていました。

(天気予報の事ですね。)

その通りかもしれないと笑っていましたが

どうも、そうではないらしい。


以下怒れる科学者の武田先生のブログからの引用です





次の原発事故までに「気象庁」を廃止すれば被曝は減る






(激しくやります。腹が立って!!)


原発事故が起こった3月12日の夕刻のことだった。私は、政府やNHK、それに東大教授が「遠くに逃げろ!」と言ったのにビックリした。


原発から「放射線」がでるのではない。「放射能物質の灰」が火山の噴火と同じように風にたなびいて移動する。だから、「遠く」ではなく、「風をみて」ということだ。


政府は直ちに気象庁に風向き予想を求め、それをNHKが発表し、それを東大教授が解説しなければならない。


ところが、気象庁は福島原発付近の風向きを出さなかった。


奇妙なことにNHKは事故から2週間ぐらいたって、「地震で風向風速計が壊れていたが、昨日から使えるようになった」として風向きの報道を始めたが、実は気象庁は風向きの予想をIAEA(国際原子力機関)には報告をしていたのだ!!!


・・・・・・・・・


原発の事故でもっとも大切なのは風向きだから、IAEAは原発の事故が起こったら、その国の気象庁に直ちに報告を求める。だから、気象庁は風向きが大切であることをよく知っている。


そして気象庁の職員が生活しているのは「日本国民の税金」だ!!


それなのに、気象庁は日本国民を見殺しにして、IAEAに英語で報告し、一週間たって官邸から指示されると、「私たちは日本国民に報告する義務はないが、官邸から指示されたので、しかたなく公表する」という注釈までつけて英語のまま発表した。


福島の人が被曝した量が「即死」までいかなかったから、良かったが、もしもう少し放射線の量が多ければ、気象庁は殺人犯だ!


気象庁は「放射性物質の飛散を予測するのは文科省だ」と言ったが、何省だって良いのだ。必要なときにはそれを判断して国民の命を救う。それができないで税金など貰うな!!


・・・・・・・・・


原発事故が起こったとき、政府は「健康に影響がない」と言った。ということは「たいしたことはない」ということだ。それなら気象庁の、テレビ局の気象予報も福島原発からの風を報じれば良いのに、凍り付いたように報道しなかった。


そして、気象学会は学術団体なのに、こともあろうに「福島の気象を発表するな」と憲法に定めた学問の自由に反する規制をした。


今でも、気象庁や気象学会は存在するのだろうか? 2つとも犯罪団体だから、職員や学会員や嫌気がさして止めているだろう。


原発を動かすと事故が起こる可能性が高い。だから、それまでに新しい気象庁を作っておかなければならない。


誇り高き日本人は、自国の事故にドイツの気象庁からデータを貰いたくないからだ。


(平成23年7月29日 午後8時 執筆)



武田邦彦



« 短信  腐葉土の1万1000ベクレルは大丈夫か? |
[トップページへ戻る]> [■■■■ 特設の2]
(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ


2011-07-29 09:25:36 0 Comments

人の喜怒哀楽の基盤は食事から成っています

落語の崇徳院ではありませんが、

一目惚れをし、食事も喉を通らず

栄養失調で死にかけるというのは

まず、現代では無い話です。

その基盤である食物が放射能と言う毒で

汚染され、このくらいの毒の量では

たいしたことないと専門家が言うのですから

たまったものではありません。

危険なものを危険だと言えない学者も

哀れです。

以下、武田先生のブログを貼っておきます

新しい世代に命を引き継がなければならない世代の方は

参考にして下さい。






食品の暫定基準値は1年20ミリシーベルトの内部被曝を想定している






牛肉の汚染が問題になっています。


くれぐれも「暫定基準値内だから大丈夫」という言葉にごまかされないでください。


今の食品の汚染に関する暫定基準は、1年17ミリシーベルトから22ミリシーベルトの被曝を基準にしていますから、子供はもちろん、大人でダメです。


簡単に言うと、原子炉で働いている作業員が白血病になったとき、その白血病が「原子炉で働いて被曝したのが原因」という認定を労働災害で受けるのが5ミリシーベルトの被曝です。


だから、20ミリシーベルトでも大丈夫ということが、100年後に学問的に正しいとわかっても、今までの私たちの放射線防護の常識とあまりにかけ離れています。


また、年間20ミリシーベルトというのは、1年間に胸のレントゲンが400回ですから、これもとうてい、子供にさせても安心できる量ではありません。


食材を求める人は大変ですが、当面は国内産の牛肉はダメです。オーストラリアは放射線に対しても厳しいので、オーストラリア産でしばらくは回避しておきたいと思います。


外部、ホコリ、雨、風などでの被曝が終わらず、まだ福島原発からも毎日250億ベクレル程度の放射性物質が出てきますので、牛肉のように何とか被曝を避けられるものは、日本製を止めましょう。


農家の人も「消費者に安全な食材を提供したい」という意志は固く、政府や中間業者がいい加減なのです。


(平成23年7月28日 午後10時 執筆)



武田邦彦



« ニコ生放送 原発と育児 29日午後10時 | | 深く考えてみよう  自然放射線より少なければ安全か? »
[トップページへ戻る]> [■■■■ 特設の2]
(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ


2011-07-28 14:41:17 0 Comments

前に神仏について書きましたが

横浜の宮司さんが1億円着服していたと

報道がありました。予想通りです。

消費税のドウノコウノを言わず

宗教法人への課税をすれば復興費の

一割くらいは賄えるのではないのでしょうか


2011-07-25 12:20:44 0 Comments

今日今年に入って初めてミンミンゼミの鳴き声を聞きました

この辺りでも夏らしい日々が始まるようです。


1 / 4 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 07月 »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ