2016/11:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2016-11-28 17:52:58 0 Comments

相変わらず日本にも世界にも暴力が満ちているようです。

世界から暴力や戦争が無くなった日は

人類史上皆無だということは、

誰もが知っていることですが、

なかなか納得しがたいものです。

面白いもので干支の世界でも、地上にいるものは

常に食い争っている。(これ十二支のことですよ。)

虎と竜を最上位とする食物連鎖です。

だから「龍虎相搏つ」というのかどうか知りませんが、

(元々は両虎だそうです)

自然のままであれば、やはり弱肉強食なのでしょう。

そして我々人類は力の強い動物たちに食われないよう

「知恵」を磨いてここまできました。

ものを考えることを放棄することは結局

自然のままに食われますか?ということなのでしょう。

「考えるの、めんどくさい。今のままでいいもん。」

それはそれで、個人の選択です。

人生なんて博打のようなもので、流れてみなければわからないところがある。

多分、こう言える人は運の良い人達です。

なんせ、現在を楽しんでいるからこそ、流れのままで良いのですから。

そうで無い人は、呻吟し、違う流れを夢見ている。

結局、毎日積み重ねた分だけが確かなものなのかもしれません。

でも、それも積み上げる土台を間違えてしまうと、ちょうど良い(最悪の)

タイミングで崩れてしまう。

ある人達にとっては人生ほど皮肉なものはありません。

是非是非、良い人生を選択してください。


2016-11-10 18:46:06 0 Comments

世界の流れが、やはり、そのままの方向を目指して

流れていくようです。

これが時代の潮流というものなのでしょう。

「内向き」「自利の優先」「民族主義」「排他主義」等々

なんとなくこれからの世界が想像できます。

それならば、まず自分の身近な人、大事な人達、

大事だと思える人達を大事にすることが、

時代のキーワードとなるのではないでしょうか。

マスコミというかネットでは「愛国」をいう人は少ないのですが、

「売国」という言葉は頻繁に使われ始めています。

売国という言葉は愛国の裏返しの言葉です。

テレビのBPOなどというものも、私には戦中の

愛国婦人会にしか見えません。

お行儀のいい番組だけがこの国にはふさわしいというのであれば、

北朝鮮のテレビ局とかわらないのではないのでしょうか。


時代の汽水域に今我々はいます。

時代の流れに洗脳されてはいけません。

「自利」の反対の言葉は「利他」です。

利他の発想しか、結局、人を幸せにしません。


2016-11-06 23:35:57 0 Comments

お隣の政治スキャンダルについての一部です。

登場人物は二人だけにしてあります。

ただ、スキャンダル自体の内容を見ていると、

この二人の癒着は、どれも韓国の国民にとっては

既知の事実らしいのですが、なぜ今更といのが正直なところです。

米軍の最新鋭のミサイル迎撃システムの配備が決まった直後なだけに

いろいろと意味深なことがあるのかもしれません。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2016 年 11月 »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ