2013/03:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2013-03-29 22:06:50 0 Comments

日本人の倫理観はゆるいかもと書きましたが

江戸から明治時代までの人が、人の理想の姿としたものに

「君子」という概念があります。

(何千年もかけて中国で練られた人の理想像といっていいかもしれませんね。)

「君子の九思」とされているものがあり、

君子として常に心掛けるべき九つのこと。見るときははっきり見る、聞くときはしっかりと聞く、顔つきはおだやかに、態度はうやうやしく、言葉は誠実で、仕事には慎重、疑問は質(ただ)し、怒りにはあとの面倒を思い、利益を前にしては道義を思う、の九つ。

ーgoo辞書の君子の欄にのっています。貼付けておくので興味のある方は読んでみて下さい。

君子

自分は、いかに小人か。反省しきりです。

なかなか君子にはなれませんが、どんな人がマトモな人なのかの基準にはなりますね。

別に明治時代には人品が卑しい人がいないと言えば嘘になり

中には、神社の御神木を叩き売ろうとた罰当たりな連中も

政府にはいたし、尻馬に乗った商人も腐る程いたそうです

(南方熊楠のエコロジー運動は有名ですね)

いつの世にも、色々な人がいます。だから世の中は廻っている。

本人は良い事しかしない訳だから「楽」でしょうが、

君子だらけの世界では、なかなか人は生きて行けません。

でも理想は理想。ただ、時々、自分を映す鏡としては

充分に役に立つ概念です。


2013-03-29 18:31:53 0 Comments

老いについて、そろそろ考える時期になりました。

春夏秋冬があるように、人は年をとって行くものです

日々を過ごしているときは、何の変化にも気付きませんが

数年前の写真などを見ると、あれ?と思うような事が多々ありますね

身近にいる人の姿は風景と同じで気付きませんが

あるとき、ちょっとした切っ掛けでハッキリと、

一つの命が晩年に向っている事に直面させられます

人は老いる。生老病死そのものです。

推命家なら長生から始まる十二運を連想し、

死、のあとに続く墓、絶、胎、養の意味を思い

次はどんな星を持って自分は生まれるのか?

わりと楽観的に死の次の段階に期待するのですが、

これを因果律の考え方で計ると、やはり、マトモな

生き方をすることが大切なようです

(この辺のことは仏教での解説が詳しく、興味のある方は地獄についての解説を読んでみて下さい。)

最近、人間の尊厳とか、万物の霊長とか言う言葉が

聞かれなくなりましたね。

もともとはキリスト教的な、人間は神の造形物である

という考え方から、神に愛されるような良い子でなければ

ならないというのがキリスト教的倫理観なのですが

神の権威が落ちれば、倫理という言葉自体が

死語になってしまいます。

さて、日本人の倫理観は?となると、

江戸時代の、女性の絶対数が少ない時代を

経てきたからかもしれませんが

庶民はとてもおおらかだったようです。

武士や大商人の娘さんは政略結婚のための「財」ですから

それなりにだとは思いますが、大名が娘に教養をつけるための

基本書が源氏物語なのですから推して知るべきです。

庶民も上にならえでしょうね。

年をとった話しを書いてきいたつもりですが

いつのまにやら脱線してしまいました。

男女のことわりは、妙にして楽しいものですね。

そして、楽しいがゆえに、与えられ、奪われることの

苦しさは計り難い。誰もが身に沁みていることです。



風に舞い、今日、桜が綺麗に散っていました。

桜吹雪というのでしょうか。とても美しい風景でした。

毎年この季節、我々は、人生をリセットするための

メッセージを送ってもらっているのかもしれません。


2013-03-23 18:41:46 0 Comments

「占い」と「運勢鑑定」について書いておこうと思います。

同じ四柱推命を名乗っていても、

「貴方は何人兄弟の何番目で、何年何月に結婚し、

子供は3人で、夫と死に別れている。」

「来年新しい男と結婚する事になっている。」

「先生その通りです。どんな人と出合うのでしょうか?」

「○○の関係の既に知り合っている人だ。」

「先生有り難うございます。」

評判の良い、よく当たる占師さんの一例です。

実際、実に見事に、本人しか知らない事を言い当てます。

(霊感占師さんでも腕の良い人になると、こんな感じです。)

では、私が学んだ運勢鑑定としての四柱推命と、

どう違うのでしょうか?

先ず、我々は、その人の元命式を見せて頂き、

最初に何を見るかというと、

その人の持って生まれた徳を見ます。

どのような環境に、その人があり、

その徳を潰しに来る敵が多いのか?味方が多いのか?

どんな人生の罠をこの人は持って生まれているのか?

そして、その徳を活かすためにはどのような努力が必要か

その上で、いつ、人生の攻めに出る時期か

守りに入る時期なのかを判断していきます。

言い換えれば、心の中にある、あらゆる未来を生み出す

「原動力の姿」を把握していきます。

その上で、相談者に

「どうしましたか?」と問い、会話が進められ、普通の会話が

すべて鑑定につながっていきます。

私の鑑定を受けた方は皆体験している事です。

どうでしょうか?

同じ四柱推命を名乗っていても、その「ありかた」に

これほどの開きがあります。



自分に合った学びをするのが一番ですが、

その違いを確りと知っておかなければ

あとあと悲惨なことになるものです。

良い鑑定士を目指す方にはいつでも門戸は開かれております

教室を選ぶ参考にして頂ければと思います。


2013-03-17 14:59:28 0 Comments

教室の生徒さんには特に意識してもらいたいのですが

十二支に対して「子」は「ネズミ」丑は「牛」などと言う

一般に言われているようなイメージを、もし、

今もお持ちなら、捨てて下さい。

そうではなくて、十二支を12ヶ月の季節として

確りと自分のものにする事が、とても、とても

大事なことなのです。

これが解らなければ、たぶん、一生

私の学んできた推命は理解出来ません。

今年は蛇のとしではなく、火の年であり

金の五行の鍛錬が始まる年です。

4月から新期の生徒さんを募集いたしますが

ご縁のある方は、少しこのことを考えてみて下さい。


2013-03-13 21:21:13 0 Comments

難しい話しです。あらゆるものにはメリットとデメリットがあります。どちらにも可能性がある場合、もし、それに変わる手段がある場合は、より安全な方法を選択するべきです。


死亡例も…子宮頚がんワクチン“危険すぎる副反応”の実態

女性自身 3月13日(水)7時7分配信

3月7日、東京都杉並区内の女子中学生(14)が子宮頸がんワクチン『サーバリックス』を接種後、歩行障害などの重い副反応が生じ1年3ヵ月に渡って通学できない状況だったことが判明した。接種が3回必要となるこの『サーバリックス』。11年10月に杉並区内の医療機関で2回目の接種を受けた直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり、入院。今も割り算ができないなどの症状が残っているという。

20〜30代で急増する子宮頸がんだが、ウイルスに感染している可能性が低い10歳代前半にワクチン接種することで、より効果的に発症を予防できると言われているが・・・。

「『サーバリックス』は筋肉注射のため、その痛みで失神したり、腫れたりする例が多いのですが、一時的な発熱、嘔吐やめまいに限らず、意識レベルの低下、筋力低下、紅斑など、日常生活を大きく妨げる症状も出ています」(『さとう内科循環器科医院』佐藤荘太郎院長)

実は政府は今月、子宮頸がんワクチンを原則無料の「定期接種」として受けられる予防接種法改正案を閣議決定している。多くの自治体では今、3月末までの時限的措置として無料接種を実施しているが、法案が成立すれば、4月から恒久的に行われるのだ。

 現在、日本で承認されている子宮頸がんワクチンは、『ガーダシル』と『サーバリックス』のふたつ。アメリカのワクチン有害事象報告制度『VAERS』によると、『ガーダシル』『サーバリックス』の両ワクチンによる副反応被害者数は全世界で2万8千661人。死亡者数は130人にのぼっている。

「しかし、これは報告された件数だけ。実際にはこの10倍以上の被害者がいると予想されています。脳機能障害による意識低下で通知表のオールAだった少女の成績がガタ落ちしたり、月経のような出血、直腸からの出血も。なかには発熱、全身倦怠感などの症状が出だり、日本で難病に指定されているSLE(全身性エリテマトーデス)にかかり、寝たきりになった症例もあります」(佐藤院長)

 厚生労働省はこの『サーバリックス』の国内での副反応の重篤症状を公開している。60ページ以上に及ぶ報告書には、09年12月に国内での販売が開始されてから’12年の8月末まで、のべ1千628件の副反応報告が綴られている。前出・佐藤院長によれば、副反応は多くの場合「1回目の注射の2、3日後に異変が起こる」ため、気になる症状が出た際は専門医の診断を仰ぐべきだという。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2013 年 03月 »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ