2012/09:ブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2012-09-27 17:40:53 0 Comments

次回の新期初級講座は来年の1月から開きます。

かなりわかりやすく噛み砕いて教えているつもりですが

Aの星があるからBだというような単純なものではなく

「人の心の奥底にある機微を窺う」推命法です

身につけるには、やはり時間と努力が必要です

ご興味のあるかたはご参加下さい。


2012-09-23 02:07:55 0 Comments

そろそろ10月の新期の受講を閉め切ろうと思うのですが

教室の生徒さんの話しを伺うと

やはり難しいそうです。

あまり熱心でない方が解らないのは当然と言えば

当然ですが、かなり一生懸命学んでいる方も

やはり難しいとおっしゃいます。

推命はパズルのように一つ一つの部品を組みあわせ、

そこから導き出される答えを自分の言葉で翻訳する

作業です。そのためには格部品の性質と使い道に

熟達していなければなりません。

当たり前の事ですね。どの世界でも同じです。

自分の仕事に熟達しなければ、おもしろくないし、

長続きはしません。ときどきどのくらいで

推命がマスターできますか?と聞かれます。

それでは逆に皆さんにも伺いたいのですが、

あなたがもし、誇り高い専門職の場合、

その技術を身につけるのに

どのくらいの時間と費用と努力を費やしましたか?

推命も同じです。

昔から石の上にも3年と言うではないですか。






色々あり来期からクラスの入門は従来通りですが

個人教授に関しては敷居を高くしたいと思っています

(既存のかたは従来通りで結構です)


2012-09-22 10:15:25 0 Comments

“she will be able to be my disciple.”

昨日のニュースでハーバード大学に匿名の人物から持ち込まれた

パピルのに書かれた古代エジプト語を解読したら

上記のような記述があったとのことです。

このパピルス自体が本物かどうかわかりませんが、

映画のワンシーンのようで、ワクワクします。

もしかしたら歴史が塗り変わる瞬間かもしれません。


2012-09-19 09:57:32 0 Comments

日経ビジネスにわかりやす尖閣諸島に関する

日中の立ち場が書かれていました。

日経ビジネス

もう一本、こちらは、この裏でうごめいているものです。

中国国内

我々は歴史の証人です。歴史は多面から見なければ面白くありませんね。

「事実は小説よりも奇なり」

うちの家族は原発と領土問題に、怒り心頭に発し、吠えていますが

それだけでは、あちらのかたと大差ありません。

中国も都合の悪い隠し事がオープンになるためには

日本のような政権交代が必要です。

民主党政権になって何が良かったかと言うと

自民党の隠し事が (特に原発に関するもの)

表に出た事でしょう。ひどいものです。

後はサラリーマン政治家は、やはりダメということでしょう。

雇用主には逆らえないし、おいしい話しにのって転職しても

ろくな事は無い。

日本と言う器自体が、そうなっているので

それに相応しい人達しかその中では生きられない

割れ鍋に綴じ蓋とでも言いましょうか、類を以て集まっている

おもしろい。


2012-09-18 15:34:13 0 Comments

10月から新期の推命講座の募集をしていますが

当面は夜クラスのみの募集となります。

ご希望の方はお早めにご連絡下さい。


2012-09-17 08:36:09 0 Comments

やはり大衆が郡狼に変身し始めたようですね

狼は何に噛み付きたいのか?

日本に噛み付いているうちは中国政府も大人しくしていると思うのですが

毛沢東の写真を掲げ始めているのをみると

やはり、郡狼を煽る、猛獣使いがいるようです

強烈な政治的圧力ですね。何を狙っているのやら。

あすはジューイーパー(9、18)柳条湖事件が起きた日です。

燎原の火となり、さらに燃え広がるのか、

どうなることやら。そうなると

外務省が邦人の国外退避をいつまで我慢出来るかが、

今後の日中関係の鍵になると思われます。

中国政府内に信頼できる強力な

パイプがあるのかないのかという証明ですね。

最後は人と人の繋がりです。


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2012 年 09月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ