2011/05:ブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-05-30 23:51:38 0 Comments


2011-05-30 16:51:03 0 Comments

ドラマの「仁」を見ていて思ったのですが

命を繋ぐことの意図には計り知れない人の思いが

込められているとあらためて考えさせられました

たぶん女性にしか理解出来ないことかもしれません

ドラマでは未来の仁先生のフィアンセのミキさんに

命を繋ぐために命をかけて子供を産むと言う設定なのですが

実は、こんな話があります

4世紀頃のインドの話なのですが、当時他宗教が盛んになり

仏教が衰退し始めたとき、ある尼さんが仏教の将来を憂い

還俗し、異宗教の男性と結婚し3人の男の子供を産みました

そして子供達に仏教を再び興隆させて欲しいと頼み

後に世親と無着という大乗仏教にとっての根幹とも言える

空と唯識の思想を今日まで残すほどの大学者になり

母親の願いを叶えました

母親の願いは恐るべしです。


2011-05-24 22:30:15 0 Comments

トリートメントを申し込む方が増えていますね。

良いご報告も頂いております。

でも、結果が出ていないのでしょうか

そのままの方もいらっしゃいます

前に書いた親戚の勤めている会社のトリートメントですが

その後、私のプロフィールを聞いて来たので

(実は嫁のお兄さんの話でした)

なんとなく良いことが起きているけれど

偶然のせいにしたい気持ちが大のようです

旧国立一期名門大学工学部卒業のかたなので

科学的な根拠の無いものには

意地でも効果があったとは言えないのかもしれません

(事実の程はわかりません。)

言葉にし、状況を具体的に教えてくれれば、もっと楽に、

的を絞ったエネルギーワークができるのですが

少し、残念ですね。

(お兄さんこれを読んでいたらごめんなさい)

科学的根拠が無い、というのは

再現性がないと言う事だと思うのですが

そのために3回無料にし、それでも

効果がある場合はどうぞ有料でという

話なのですが、なかなか難しいですね。

それでも、トリートメントで、明らかに

人間関係がなんとなく円滑になったり

落ち込み具合の度合いが軽くなっている

という報告を頂いています。

実際に不思議なことが起きているようです。

それも、めちゃくちゃ自然に

それが当たり前だったようにです。

興味のある方は過度の期待をせず

少々期待しながら申し込んで下さい

結果が出なくても3回はタダなんだし

開き直ってお申し込み下さい。

受付は「はい、始めまーす。」で終わりです。

もしかしたら、不思議な体験ができるかもしれません






なぜ、こんな事ができるの?という方は

お問い合わせ下さい。ネタもとを紹介いたします

特別秘密にする必要もなく、変な宗教団体でもありません

どちらかと言うと、私は集票団体やえせ仏教団体は好きではなく

逃避としての宗教については懐疑的であり

いわゆるスピリチュアルな世界感については

創始者が真理だと叫べば叫ぶほど「?」の

立場をとっています。

私の立場はその人が持つ星の姿と

易神の見せるリアルな現状の姿が全てであり

因果から離れているものはいない

という所です。

まあ、これも人から見れば、偏見の一つなのでしょうが

これが今の私の宇宙観です。

興味のある方はホームページをお読みの上、

お問い合わせ下さい


2011-05-18 01:18:27 0 Comments

先生の言うような人生はつまらない。

ぜんぜん面白くない。そんなことばかり

言っていたら、恋なんかできないわ!

自分は自分らしい生き方しかできない。

恋が大好き人ならきっとこう言うでしょうね

ジジイ、ウルセー。ウザイ。

なんとなく聞こえてくるようです

普通の反応です。

でも、恋に疲れ、沢山の涙を流した人には

たぶん、救いがあるはずです

自分一人が苦しいのではなく、ちゃんと

因果関係があったんだと気付く事ができるからです


つい先日大阪で21歳の父親が

自分と子供とどちらが可愛いんだと

妻に迫り、妻は夫を選び、その結果

痛ましい事件になりました

愛に殉じた一つの形です

ここ数日書いて来た事の実証のような事例です

起きた事から鑑みると完全な自己犠牲型の人です

自分の意思を誰かに支配されてしまった愛は、

ほぼ、残酷なものです。

相手を選ぶ自由を決して、すててはいけません。


ウザイと言い、恋に生きるというのなら

この事実から目を背けてはいけません

ゆとり教育と言う名の

弱肉強食の教育をうけている世代は

本当に、弱いもの、自分に

手を出さないものには残酷です。

良い意味でも、悪い意味でも

21世紀は限界の無い世界だとある先生は

おっしゃっていました。

本当に、その通りだと思います

できれば、良いイメージを持ち、

心の中にある良心のホコリを払い

あなたが特別大事なものを愛するように

他のいのちあるものを慈しむ心を育てて下さい。

そこから必ず運は開いてきます。


2011-05-17 00:29:09 0 Comments

震災から2ヶ月が過ぎ原発に関する

様々な事実が表に出てきましたね

班目さんのコメントにあったのですが

メルトダウンは最初からわかっていたようですね

それが判っていたからといって

他に何かできたわけではないのですが......。

土壌検査にしても地表表面の放射線量ではなく

表面とその地下1キロ分の土壌で線量を量っているので

たとえば表面1センチ分の土を1キロまとめたものとは

計り知れない差があるのは自明の理です

また、野菜の線量を量る時は野菜を洗浄してから

計測するよう支持を出されていたという事実も

漏れて来ています

また、ある県の学校給食に原発産地の野菜を使うらしい

という情報もあります

「とりあえず」は心配ない線量は、我々のような先が

長くないものにとっては「とりあえず」でいいのですが

これから何十年もいきるであろう子供達には

それでは絶対にすまされない問題です。

そのうえ環境ホルモンでさえ、男子の出生率を下げる

要因だと言われているのに、それの比ではない放射能に対して

誰がどのように声を上げればいいのでしょうか

関東地方の男児の出生率が下がってから、また

想定外と言うのでしょうか。まさか、

日本人の断種を画策でもしているのでしょうか

これからの関東、東北地方の出産に関する

トラブルは全て国の責任です。万に一つも

無い事を祈りますが、その時は戦う事が

必要かもしれません。


2011-05-16 17:06:05 0 Comments

しばらく愛の話を書いてきましたが

たぶん、聞きたくない事、見たくない事

知りたくない事ばかり書いていると思います

そんなー、自分は凡人だから、頭では

そんな事100も承知で恋しているのよ。

あたまでは判っていても、欲しいんだから

しょうがないじゃないという人がいる事も確かです

でも、変われます。

運勢鑑定は人生と心のお化粧です。

だれでも美しくありたいと願って

生きています。

そうじゃない人を今まで見た事はありません

自殺するんだと息巻いて相談に来た人も

(相談というより、助けられるものなら助けてみろ!
という、ある意味挑戦というか、脅しだと思うのですが.....。)

結局は、ただ、普通に生きたいという

自分の心の底にあるものに気付いたとき

生きる努力を始めています。

その場は心が浮き、生きる気持ちが起こります

そして必ず沈みます。そんなものです、人の心は

そうゆうあやふやな生き物なのです。人というのは

だから、気負わず、完璧を自分に求めず、甘やかさず

上手に自分自身と付き合って下さい。

誰かと出会い「愛」してると心が感じたとき

その愛で元気が湧いて来るか、湧いてこないかを

よく感じて下さい。

自分の劣等感を克服してでも愛に殉じたいのであれば

頑張る事です。



恋愛の仕方は実は社会人になったとき

そのひとの恋愛の仕方が本当によく解ります

例えば、職場に来て、上司に言われなければ仕事をしない

人は、やはり誰か任せの恋愛をします。

プライベートは激しいのですが、勤務時間、

職場を休憩所のようにしている人は、結婚し

落ち着き始めると、今度は家庭を休憩所にし

外に刺激を求め始めます。

その人の生き方そのものです

職場も真面目でプライベートも質素な方は

清らかですが、孤独です。ときどき生きていて何が

面白いのと自問します。

それぞれにそれぞれの対処法があります

だから、諦めない事です


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 05月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ