2018/09:ブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2018-09-30 13:53:04 0 Comments

今日(9月30日)樹木希林さんの葬儀とのこと。

夫の内田裕也さんが、お骨をハンケチに包みポケットにしまったとの記事を読み、

興味を惹かれたので、お二人の関係を見て見ました。


「原命式の研究」に載せてあります。

現役の生徒さんで、解除キーをご存知ない方は、

お問い合わせください。お知らせいたします。


2018-09-24 19:14:39 0 Comments

読売オンライン

達人同士の会話って面白いですね。

原命式の研究に命式を載せて起きます。

生徒さんは研究して見てください。


2018-09-23 01:47:36 0 Comments

本日Nコンの関東甲信越大会があり、

常連校が順当に全国大会に進みました。

生徒や学生達の新鮮な表情が美しく、

わたしの中では甲子園大会へ出場する選手と同じくらい

私の中の母性というか父性がうづくのです。

しかし、第77回の中学生の課題曲以来、ちょっと、

なんとも言えないのです。

中学校の部課題曲

元うた?

これ、NH Kのみんなのうたです。

すごいでしょ。これ。

さらにいうならば、どこからかの圧力がかかっているのか、

この曲についての、諸々のコメントが、あまりないのです。

本家争いにあれほどうるさい韓国からの便りも聞こえてきませんでした。

話がついてしまっているのでしょうか。


ところで、

調べてみると他の全国大会で優勝している超名門校の中には

この大会に参加していない学校も結構あるようです。

全国は広い。



嗚呼、

それでも、球児達の体を見れば、一目でわかるように、

先生と生徒達の努力がわかり易くハーモニーに現れます。

楽しみです。


2018-09-20 19:05:48 0 Comments

安倍首相の三選が決まったようですね。

南北朝鮮にしても、トランプさんにしても

中国共産党にしても、本当に、これからの、

世界の動きが読めません。

もし国民の代表の議員さんが、

「プライベートと仕事は別さ。」というのであれば、

ノブレス・オブリージュという言葉があることをもう一度思い出してほしいものです。

野党も与党も週刊誌に叩かれるような

「恥を捨てた日本人」をやっていたんじゃ、

これから起きる経済や外交の猛烈な台風に、

木っ端微塵に砕かれるように思えるのですが。

粛粛と備えること。

多分、もう、「神風」は吹きません。


2018-09-18 23:34:00 0 Comments

今日は、何とも、山本KIDの訃報が飛び込んで来ました。

元極真会館の黒澤浩樹師範以来の驚きの訃報です。

親戚の死には「順番」だから何とも思わないのですが、

ショックです。

先月、ハワイで療養中の写真がネットを賑わしていましたが、

あまりにも早い死の知らせです。

K1の重量級で日本勢が勝てなくなり、ミドル級以下が

注目され始め、その中でも、魔裟斗選手と山本キッド選手が

力強く、この階級を牽引していたのが、はるか昔のようです。

この人の試合は実に面白かった。

リング上では、何ともいえないナマの野獣の匂いを

常に漂わせていました。相手を食らい、生き残ろうとする、

死と隣り合わせの戦国時代の武士とでも言いましょうか。

とにかく、打撃が強く、やることが派手で、

開始4秒の飛び膝蹴りが今でも印象に残っています。

母校のレスリング部で後輩の指導をしていると

聞いていたのですが......。

一人のフアンとして、実に残念です。

それでも、

後継者とし、那須川天心だ、武尊だ、すごい選手

が出て来ています。

KIDさんたちが守って来た日本の格闘界の未来は明るいはずです。


2018-09-18 01:14:01 0 Comments

ここ最近、訃報の報道が多いですね。

うちの親戚も9月に入り、

バタバタと二人亡くなりました。

両人とも80歳を超えていたので、大往生と言いたいところですが、

一人は脳梗塞で倒れ10年以上寝たきり、

一人は2年前にご主人を亡くされた後アルツハイマーを発症し、

なかなかご家族は大変だったようです。

年老いた身内の死というのは、何と申しましょうか、

悲しくないもので、不思議です。

亡くなったのは7人兄妹の次女と次男の嫁さんで、

さすがに、嫁に先立たれた叔父と、娘たちの背中は

小さく見えました。

何やかんやと4女の叔母の家で世話になったのですが、

廊下には、たくさんの、形の違う薄墨で書かれた

蓮の絵柄が印刷された荷物が積んでありました。

全部、香典返しなのだそうです。

その叔母も八十も半ばの年齢です。

昔からのおつきあいというのが相当なもので、

地元では地味に有名な方なのです。

いつの間にか叔母も、亡くなった年の祖母(彼女の母親)と

同じ年齢になったとのこと、

別れ際に、自分の葬式には絶対来てねと、

念をおされて別れて来ました。



人の一生というのは、邯鄲の夢の如しなのかもしれません。






「悔いのない人生」を生きることこそが、一番気楽な人生の過ごし方なんでしょうね。

私なんかも、後悔ばかりの人生です。

だから、今の、次の瞬間に後悔しないよう、

やると決めたことをやるだけです。

それに、

過去の傷さえ誰かにしっかり受け止めてもらえれば、

後悔の念は結構消えて行くものです。

ヨイショ〜、コラショ〜。と前を向いて行きましょう。


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2018 年 09月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ