2017/12:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2017-12-30 18:08:45 0 Comments

一年の締めくくりに

落語  芝浜


2017-12-24 12:23:39 0 Comments

一般的に我々は「神仏(しんぶつ)」と称し、

神様と仏様を同じに扱っていますが、

神様と仏様は別物です。

「そりゃそうだろ、仏様といやあ、亡くなった人のことで

うちの爺さんもおととい仏様になったばっかりだい。」

と古今亭志ん朝さんの落語にでも出てきそうなセリフになりますが、

成り立ちが違います。

これは仏教的な解釈になりますが

神と仏の一番の違いは、神には寿命があり、仏にはそれが無い。

この辺りは三島由紀の絶筆である「豊饒の海」の4巻の題名で

一般的に知られるようになった「天人五衰」として知られています。

人に比べればはるかに長いものですが、

それでも神(天部)には寿命があると解釈されています。

死んで、そして、輪廻する。

日本の神様も同じですかと問われれば、古事記などで

「黄泉の国」が最初から設定されているということは

死を当たり前のこととして受け入れてきたというのが

事実でしょう。

じゃあ、神社さんに祀られているのはなんですか?

となるのですが、なんなんでしょうね。

実は神社さんのうち最も多いものは

御霊信仰と言われるもので

いわゆる流行病を封じるために、その土地の一部に

病を引き起こす悪霊を鎮めた(封じた)ことによるものだと

言われています。その代表格が八幡様です。

なんせ天皇家の強い強い守り神なんだから、うちの村の

流行病や厄災なんて、簡単に封じてくれるにちがいないと、

全国に広まったとの説もあります。

村の鎮守様クラスの神様であり、割と新しい時代に生まれた

神社さんですね。

それじゃ、お伊勢さんや出雲さんなどの

いわゆる神話時代に作られた神宮、大社クラスの神社は?

となると、いささか勝手が違います。

私は鹿島神宮で気付いたのですが、

鬱蒼とした森、御神木と、清らかな泉、そして磐座(要石)、

鏡、朱に塗られた社殿。

んーん、なんのこっちゃ?

あれれー、推命学に興味のある人じゃ無いのー?と

コナン君に言われそうですね。

そうなんです。

実は全てが五行の象徴で五気が完全に揃っているんです。

それも尽きない形で揃っている。

枯れることのない御手洗池(水)

御神木(木)

生まれ変わる(建て替えられる)朱に塗られた社殿(火)

要石(土)

本殿の神鏡(金)

お伊勢さんも出雲さんも春日さんも

実に立派な神社であればあるほど、この五行五気を

象徴する自然の造化が完璧に揃っていました。

なんか素敵でしょ。

私のような推命家は、ついつい五行五気が完璧に

揃うものを見ると、そこに「人」の姿を連想するのです。

なんせ、人間は五行五気が完璧に備わっている存在だからです。

そこに、人としての「霊(みたま)」が宿り、喜怒哀楽を

生み出している。これらから推論すると

日本の神様はその土地と環境を拠り所として

神命の息吹を繋がれていると考えていいのではないのでしょうか。

逆に言えば、その環境が破壊されている神社さんは見る影もない。

神さんには申し訳ありませんが、その環境さえ続くのであれば

永遠に近い寿命となるのでしょうが、

いつ終わっても不思議でないというのも反面の事実ですね。

明治維新による廃仏毀釈時、環境破壊により、

どれだけの神様たちが拠り所を失い死んでいったか。

本当に無知のなせる業です。

まあ、でも、私が勝手に言っている憶測ですから。

大したことありません。

でもね、風水を学ぶ人が最近増えてきていますが、

同じことが言えるんです。

どんなに好条件の場所に家を立てようが、

ちょっと向こうに背の高い家や、ビルが立ち、道路が少々

拡張されただけでも、好条件が狂ってくる。

さらに、けたたましい騒音の下に住むことになったら、

風水なんて、への役にも立ちません。

二年後のオリンピックに向けて、

これから東京がそんな風になるとのこと、

人の心が荒れなければいいのですが、無理でしょうね。

観光客の銭に目が眩んだ無知の成せる業です。

バブルが弾けて目を覚ましたかと思ったら、

また、調子に乗って、

今度は何を代償に払うんでしょうか。

漫才師に国民のレベルが低いと揶揄されても仕方ないのかもしれませんね。


2017-12-23 07:39:13 0 Comments

富岡八幡宮さん周辺の商店の方達が今回の事件で

今年の年末年始の書き入れ時、大丈夫か?

との心配がつのっているとのこと。


私は心配しないで大丈夫だと思います。

事件後に初めて知ったのですが、この神社は

お商売の神様だったんですね。

(天皇家の守護神ではなく徳川将軍家による篤い八幡信仰とのこと)

それで納得したのですが、

土地柄を察すると八幡様というより

弁天さんの御神威が高い神社さんです。

そうすると、自分の懐にお金を溜め込む人よりも

あればあるだけ、じゃぶじゃぶとお金を使い

世の中に還元している男の方が、

はるかに弁天様の好みでしょう。

お金は世の中に流通して初めて、その価値が生まれます。

だから、お商売の繁盛を願う人は是非、願を掛け、

お商売が成功したら、お礼参りにお金をじゃぶじゃぶ

使ってください。

長い長い命の神様の目から見たら、事件は、

ほんの一瞬の出来事だと思いませんか?

江戸っ子の栄華盛衰をまじかに見てきた神様です。

是非是非、大事にしてください。



古今亭志ん朝 百年目


最後まで聞いていただけましたか?

なんて「粋(イキ)」な話なんでしょうね。

深川の八幡様(富岡八幡様)あたりの話です。


2017-12-17 12:46:13 0 Comments

先日、教室の生徒さんから近隣某国の若き指導者の

最新の誕生日を教えていただきました。

それまでは1982、83、84、の三説あり、日本では

元料理番の主張により83年生まれとされてきたのですが

2015年お隣の政府が正式に

1984年生まれとの見解を示したとのこと。

その命式を見せていただいたのですが、なかなか、何とも、

この通りなら、困ったちゃんの、ほど加減に納得が行くのです。

さらに、面白いことに、周辺諸国の偉い人たちの命式を合わせると、

何だかなーという気分にさせられてしまう。

ことしは不倫に始まり、不倫に終わるような年でしたが、

来年はマスコミが周知の事実を隠せなくなるような、

結構な出来事が始まる年になるかもしれません。

世界平和だ愛は世界を救うなどという、何となくの祈りではなく、

ただただ、問題を解決するための、最善の方法を、

政治家のえらい方々が果敢に選択してくれることを祈るのみです。





だいぶ前から書いているように

神社さんでの揉め事が後を経ちません。

昔から神力で多少の力をつけたものは

道を違えやすくなり、その姿を「天狗」というのですが、

神力が「集金力」の場合は、お金に愛されてしまったも者の

成れの果ての姿ということでしょう。

その場合、氏子の方々は、その信仰する神様に

是非とも、その問題が解決するよう祈願してください。

できるだけ具体的に祈願することです。

このような場合こそ、神頼みをしないといけません。

神様に御神威が残っている神社さんでは必ず験が顕れると思います。

ただ、神社さんばかりに清浄潔斎を望むのではなく、

祈願が叶うまでは信者さんも厳しく自分を戒める必要があります。

人も、神も欲によってこの世に存在しています。

神の欲は御神威を純粋に高めることですが、

人の欲には際限がありません。

はるかに人の方が恐ろしい存在です。





まあ、いろいろ書いてしまいましたが、

人生は悪いことばかりではありません。

こんな世の中だからこそスマイルスマイル


「スマイル」はナットキングコールもいいのですが、私はマイケルジャクソンの方が好きです。何だろう、心が洗われ、自然と涙が流れてくる。カムイとでも叫びましょうか、音楽の不思議な力ですね。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2017 年 12月 »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ