2020/02:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2020-02-27 11:28:58 0 Comments

朝ドラが不審な動きをし始めました。

なんとも 不安になってしまう。

穴窯で理想の色を出せた時点でピークだと思ったのですが

残りの一月と少しの間にどん底に落ち

そこから立ち上がる強い女を描くのかな?と

思うと、結構残酷なストーリー展開になるぞと

怖気が走ってしまいます

子供の病気は稲垣吾郎の役どころを見ると

回避されないと思われるのですが、

復活した八郎さんとの関係にも作者は

暗雲を立ち込めるのかもしれません。

我々の年代の記憶には信楽鉄道事故の大惨事が

記憶に残っており 

「世界陶芸祭セラミックワールドしがらき'91」が

開催名であり、ここから邪推すると

八郎さんの現在が名古屋のセラミック会社勤務と 

されていことが気になります。

バブル絶頂期に起きたこの事故を

信楽を描くのであれば描かずにはいられないかもしれません。

信楽役場に勤めている おもしろおじさんの

リーダーシップをどう描くのかも見ものですが。

今回お得意のナレーションで一気に時間を飛ばすのでしょうか?

どうなることやら。


2020-02-24 11:24:05 0 Comments

ウイルスについては色々思うことがあるのですが

御用学者の方達が

怖がることのないウイルスという言葉を発しているのを聞いて

40年前 帝京大学医学部の教授が

エイズウイルスは感染性が極めて弱く

怖がることは無いとテレビでヘラヘラ笑いながら

言っていたのを思い出しました。

(B型肝炎の100分の1 C型肝炎の10分の1らしい)

トランスジェンダーなどという言葉が

世の中に知られていない時代です

同性間の恋愛を倒錯性癖と蔑んでいた時代です。

頑固な権威主義の年寄りは第一線から引くべきですが

次のリーダー性を発揮しなければならない

還暦前後の世代は三無主義に毒された 

多くは無責任を標榜する腰抜け世代です

30代40代の就職氷河期をたくましく

生き抜いてきた世代がスクラムを組んで

戦うしかこの国の未来はありません。

責任放棄世代が得意な目先のお金流れに忖度するのではなく

未来の豊かさを目指す

グランドデザインを描け 夢のある集団が現れれば

素敵だと思うのですが

頭が偏る一企業では難しいかもしれません。

夢のある地に足のついた人達が連携できる日が

遠からず来るような気がします。

「未来は在野にあり」とは言いますが

国の後押しがあればさらに進みます。

明るい未来を描くのは楽しいものです。


2020-02-20 18:28:50 0 Comments

落ち着きたい時に聞くと楽しい音楽です

ビル・エバンズ


2020-02-15 00:36:10 0 Comments

風船が母のもとへ

霊の世界は分かりませんが、しばらくの間は

何かしらの形でその人の心がこの世に残るようです。

できれば良い思いを残したいものです。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2020 年 02月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ