2015/02:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2015-02-23 19:09:40 0 Comments

今年のサラリーマン川柳100選が発表されました。

面白いので貼っておきます。

100選


2015-02-11 17:28:59 0 Comments

苦しみの原因はいろいろありますが

その一つに、自分と他人を比べることがあります。

自分と親、自分と兄弟、自分とクラスメート達

結婚している友達と、していない自分。

お金が自分よりも儲かっている他人と自分

自分と誰か。

どうして自分ばかりが?あいつらがウラヤマシイ。

心の中でいつも生まれては消えていく

慣れ親しんだ会話ですね。

誰の心にも起きます。

そんな自分の会話に気づいた時は、

ちょっとだけ頑張って、もう少し自分と比べてみてください。

なぜ、その人は成功できたのか?

「あいつ」はどのように「それ」を手に入れたのか?

もし、それが真っ当な原因と努力により得たものであれば

自分に何が足りないのか?を考えることです。

それが、手を汚をして手に入れたものであれば

自分も汚れることを恐れないのかを考えてください。

物事の推移が理解できれば、だんだん羨ましさは

消えていきます、羨ましがっていた自分がバカにも

見えてきます。

是非、ものの本質を見抜く訓練を積んでください。

幸せを望むなら、

幸福を望みながら、苦しみの原因をつくってはいけません。


2015-02-08 10:38:42 0 Comments

元命式の研究の欄を更新しています。

ロックがかかっているので必要な生徒さんは

講義時に解除のパスワードを聞いてください。


2015-02-08 07:16:00 0 Comments

八卦による心使い方

乾卦
現状を表している場合がありますもう一度引いてください。その場合、現状が膠着している、意地の張り合い、自分が意固地になっている。最初から相手をバカにしているなど、自分に責があることを認識させるためのものです。

坤卦 
これも同じでもう一度引いてください。自分が何もしないので現状を招いた。考えが足りなくて苦境に落ちた。相手に言われるままにしていたらこうなった。玉の輿と思っていたらここまで落ちた。関西方面のひとにはアホやからこうなった。関東の人にはバカだからこうなった。ということです。ホットケ、ガキガ〜とい言いたいでしょね。でも実際はこの通りなのでしょう。もう一度引いてください。


兌卦  
現状を受け入れて、とりあえず喜んでみましょう。それができれば自分が思うほど不幸ではないし、わりと平穏なのかもしれません。暴れずに現状維持です。

離卦
間に人に入ってもらうのがベストです。信頼できる友人なり弁護士なり、知恵のある第三者に、あいだを取り持ってもらって、上手に縁を切るべき時です。法的な手段も厭わないことです。

震卦
積極的に出ること。今がチャンスです。

巽卦
今は素直に従うのが得策です。

坎卦
現状突破のための準備を着々と進めてください。

艮卦
今が、苦しいことも悲しいことも、楽しい事もピークです。苦しかった人は怖がらずに新しい出会いに備えてください。楽しかった人は次の喜びをつかむための準備をしてください。


迷った時は心を動かすこと。そのためのガイドラインのようなものです。ぜひ、自立してください。強く生きてください。それが出来てから人の温もりを求めることです。そうでないと、優しさを餌(えさ)に相手に食われてしまう。多くの人たちが落ちている見たくもない現状です。


2015-02-06 18:47:25 0 Comments

八卦八卦と最近はずっと言っていますが、

誤解されないようにちゃんと書いておきます。

苦しい時、たいていの人は苦しさに固まっています。

こころが、何かで固まるととき、(悲しさ、苦しさ、喜び、快楽)

それ以外が見えなくなります。

それが自分に都合が良い場合は、それを失うことを恐れ

都合が悪い場合は、自分が傷つくことを恐れます。

人はとても恐れに支配されやすい。

だから人を支配するとき、昔から、この恐れを使ってきました。

支配は乾 被支配は坤となります。

でもね、絶対にあと6つ、卦は残っているんです。

その使い方を皆が忘れてしまっているだけなんですよ。

それが「知恵」なんだと私は思っています。

いいですか、人生に行き詰まって信頼できる人もいない

高い鑑定料を払うお金も無い時

乾 兌 離 震 巽 坎 艮 坤 と

割り箸の先に書いて、コップに突っ込み、

心から祈願して、エイヤッと一回だけ引き

その心を使って、もう一度問題を見直し、

動いてください。自分が動いて初めて物事は

変わっていきます。


占いは未来を予測しますが、これは

未来を切り開くためのものです。

簡単明瞭ですが、漢字が難しいのと

解釈が面倒くさいのが難でしょうか?



人の可能性は無限大などではありません。

無限大ならば、

そもそも自分自身を理解できないと

最初から言ってるようなものです。

ましてや相手を理解するなど不可能です。

人は自分を理解できる程度しか相手を理解できない。

これが本当のところです。


2015-02-05 21:46:46 0 Comments

男運が悪い?

ときどき、こんな声を聞くことがあります。

どうしてでしょうか?

そういう特別な運命なのでしょうか?

命式を分類すると異性とのご縁の多い人はいます。

だからといって、出会うすべての男性と

肉体関係になっているというわけではなく、

出会いが多いだけ、男友達が多いにすぎません。

もちろん文字通りの場合もありますが、それは

ご本人がどのような教育を(広範囲の意味として解釈して下さい)

受けてきたで、まったく違います。

自分は男運が悪いのでは?と問う人たちは、本当は単純に

人を見る目が無いだけなのではないのでしょうか。

そのように、周りの方にも言われているはずです。

あいつだけはやめとけと、何人にも言われながら

それでも、つきあってしまう。

坤卦のありかたですね。

ただ受け入れてしまう。

そのまま坤卦のあり方であればいいのですが、

受け入れるに当たって自分を納得させていた

根拠が崩れたときから苦しみが始まります。

坤卦のこころのままではいられなくなる。

苦痛をごまかしていた言い訳が効かなくなる。

とても、とても苦しい。

坤卦のこころは相手に、なにもかも丸投げすることです

今も、未来もです。

この苦しみから逃れるためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは相手から独立する意思を持つ

変わるんだと覚悟すること

一人で山を登るんだと覚悟することです

これが艮卦のこころです。

それを相手が阻む時は、戦う。

坎卦を使い、人知れず自立する計画を練り

実行すること。

そして震卦のこころを使うことです。

行動すること。

そして次は冷静に安定し円満な相手を見つける

それしかありません。

これが一つのありかた。

もう一つは、自分は自立し、生活も安定しているのだが

付き合う男、付き合う男、どれも頼りなく、

パートナーとしては情けない。

なんて私は男運が悪いんだと言ってる人。

まず、あなたの友人たちに、私って男運悪いのかしら?

と聞いてみてください。

たぶん、何言ってんの、あんなに条件が良かったのに

自分から私、ついていけないと断ったんじゃないと

いわれるのではないのでしょうか?

そのときあなたの心の中に、

「次もあるさ もっといいのがいるはず...。」と

今思えば、おごった考えがあったのではないのでしょうか?

これは自己過信の結果です。あいてに自分を譲る

スペースがまったくない乾卦の心のありようです。

この場合、上手に相手にあわせ、そしてお相手を

上手に操縦できれば、すぐにでも結婚はできます。

その気になれば、みずから動き、機会を作るだけの

バイタリティーはあるはずです。

よろしいでしょうか。

男運が悪いなどというのはいいわけです。

あいてを吟味しない人と、吟味しても

自己愛が勝る人たちがいるだけです。

結婚して生き別れ、死に別れすることもありますが

まずは数年でも仲睦まじい結婚生活が送れれば

それが一生の財産になります。

まったく違う環境で育った二人が

いかにすれば、仲睦まじくなれるか?

この財産は努力してしか得られません。

大事なことは忍耐と知恵を使うこと。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2015 年 02月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ