2017/01:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2017-01-09 04:49:41 0 Comments

神社本庁

先に何度か書いた、神社さんの現状が、やはり間違いなかったようです。

困ったものです。日光東照宮でも、似たようなことが起きているとのこと。

人間様が「神」を畏れなくなった証拠です。

徒党を組んだ人間(組織、団体)ほど、おごり、不遜なものはありません。

日光東照宮の私物化

東照宮に行かれる方は是非地元にもお金を落としてください。

今更、74歳の男性が改心するとは思えません。

我だけ良しとする、その先は結局、「強欲」なる存在です。

東照宮も風水的には良いところだそうです。

そのエネルギーは私欲のない宮司さん達には、

あまり悪い影響はしなかったのでしょうが、

欲の皮の熱い人には強情、頑固、強烈な「我欲」という形で

影響するようです。

風水と人の心の変化の良い見本です。

強烈な自然エネルギーの上に乗った時、

私欲があるのか、ないのかが、そのエネルギーを使いこなせるか否かの分水嶺になるようです。

風水の場合は自然エネルギーですが、権力なんてのも、

全く同じものですね。


2017-01-04 13:43:02 0 Comments

久しぶりに那須塩原温泉に2日ほど行ってきました。

箱根よりも上かなと思えるほど、とても良い温泉でした。

たまたま入った地元の酒屋のオヤジさん曰く、

栃木は干瓢と日光東照宮しかないと皆んな思ってるけど、

最近は新潟を抜いて最高賞の日本酒を多数産出しているとのこと、

多分、ついさっきまで飲んでいたに違いない赤ら顔でお話しされ、

試飲を勧められたので、飲んできました。

美味しかった。

スッキリ系、こってり系、フルーティー系のどうのこうの系を

言われたのですが、飲み忘れました。

純米吟醸のお酒を買ったのですが、

これが、お値段がなんとも手頃で、そして美味い。

大発見でした。

ああ、そうそう、ビールもいいのがあるんですよと、

何本か紹介されたのですが、これも個性豊かで美味しいのです。

地元の札幌ビールの工場でも作っているし(缶ビールで地元の酒屋さんにも売っていたのですが、エビスビールよりも値段が高かった。)那須高原ビールなど様々な品種があるようです。

思うのですが、結局、旅の楽しみは何かとの「出会い」につきます。

物や人や食べ物もはもちろんですが、その土地の「匂い」これが

自分の肌に合うか合わないかが大事なことなのでしょうね。

穿った考えですが、逆に言えばその土地から歓迎されることで、

「出会い」の良し悪しが決まるのかもしれません。

(なんと申しましょうか、こんなところにも「自他」の関係性を読み取ろうとしてしまう。職業病ですね。)


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2017 年 01月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ