2023/09:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2023-09-28 13:50:48 0 Comments

昨日王座戦

AIの評価値の大逆転にはビックリしましたね。

飛車の一手からの大逆転 永瀬王座が甲木 

藤井くんが戊当日は戊子日 色々加味しても

実力勝負の勝負事の世界での運勢判断は無意味なのですが

実力拮抗の場合、最後は「運」が相手の選択をミスさせてしまう。

そんなものです。

(勝利の確信が慢心を呼び込み、その動揺がミスを誘ったとも言えますね。)

勝負事は実力が拮抗しているのであれば、

蜂の人差しを最後の最後まで隠し、こここぞというときに出し、

勝利する。これが戦略戦術というもので運勢を超えるものです。

ロンドンオリンピック女子サッカーの決勝戦のアメリカが

それまでのどの試合にも、一度も出したことのないニアーへの

低い弾道のコーナーキックから得た2得点がそれです。

日本戦のために隠し続けた特別な戦術。

コーナーキックを蹴る精度もゴールする技術も

どれだけ練習したのか。その練度たるや計り知れません。

(長年溜めていたものをやっと言えました。)

多分これがアメリカという国の人たちの物の考え方なのだと思います。

勝つための工夫 運だの何だのは関係ない。勝つためには

どうすればいいのか。因果は認めるがカルマ認めない。

因果で考えるのならば戦いは戦略 戦術 武器の精度が

優れたものが必ず勝つ。これが現実主義です。

その上で、最後は運がものを言う。

面白い世界です。


2023-09-26 12:32:00 0 Comments

人もまた自然の摂理の中に生まれた生物ですから

相性に引力と斥力があって当たり前です。

嫌いな奴を好きになることは絶対に出来ないし(斥力)

ダメなやつだけど惹かれてしまう(引力)のも当たり前です。

仕事も人も同じです。本当に円満な人間関係には努力がいるのですよ。

その根拠が斥力なのですから、そして、

人の心は物理法則を凌駕する力があるというのも真実ですよ。

「愛情を育む」と言われている努力がこのことです。

時に「子は鎹(かすがい)」と子供がその橋渡しをする場合もある。

いかに万物の霊長としての誇りを持ち続け、知恵を養うことができるか。

人生の課題ですね。


2023-09-23 13:43:48 0 Comments

裏のマンションの子供が泣いています。

親御さんも辛そうな声色で、意地を張る子供との

戦いです。放っておくわけでもなく、寄り添い

忍耐強く無言ですが、側にいて見守っている感じです。

えらい親御さんですね。

今日は親御さんに余裕があるようです。(仕事が休みなのかもしれません。)

当たり前ですが、共働きの帰りに子供を幼稚園から拾い

晩御飯の買い物をし、マンションの駐輪場まで必死で自転車を漕いで

バタバタする子供に、荷物を下ろすからちょっと待ってと言っても

子供は聞きません。それを週5日繰り返すのだから、疲れは取れない。

その上亭主の世話を焼かなければならないのだから、結構なストレスです。

私も子供の頃、時々母親からゲンコをもらい目から火がでる経験を何度かしました。

今の時代であれば立派な児童虐待ですね。

それでも、まっとうなゲンコだったので納得していたような気がしています。

大人が真っ直ぐであれば、ゲンコは子の捻れかけた心を正す働きをすることも

あるようです。

しかし悪意のこもったゲンコや諫言は子の心をさらに捻じ曲げてしまう。

よかれ悪しかれ暴力であっても相手には、その感情が伝わるものです。

なんであれ、人の心はよく相手に伝わるものです。



先ほど泣いていた子供の笑い声が聞こえてきました。

間違いなく愛されている子供さんです。


2023-09-19 00:15:51 0 Comments

石井琢磨

風たちぬ いざ生きめやも

そんな風が今日はふいていました。2023年9月18日 

そうは言うものの昼間の暑さは熱中症ものです 

水の補給等充分お気をつけください。


2023-09-11 19:39:35 0 Comments

大麻解禁が検討されています。

それに伴う新しい法律も検討されているようですが

使用中は何をやっても心神耗弱 心神喪失で罪が問われなくなるのかな?

どこかの国の新聞に子供の頃からCBDが使用され続け、年々増えている。

この国はどうなってしまうのかとの記事を読んだことがあります。

それが無いと社会生活が成り立たない人にとっては大事な薬です。

人工透析のようなものですよ。

しかし、現実逃避 ストレス解消に使うのであれば、隔離しての使用が

ベストでしょう。使用中は管理が不可欠です。

善悪、清濁の区別、羞恥心がなくなり、どこにでも垂れ流す、

「心が解放される」というのは、こんなものなのですよ。

これが魔薬と言われる所以です。



大麻使用は信用に足る国民がいてのこと。

どこの国にもストレス溢れている。

親を子が 子が親を始末してしまう報道に麻痺し始めている

この国の現状です。

政治家先生方の大好きな世界基準は、毒にしか聞こえません。


2023-09-11 09:02:52 0 Comments

チリ戦 なんとか勝てましたね。

最初はどうなることかとヒヤヒヤしました。

次はイングランド 対アルゼンチ戦見たけど、

ちょっと無理かな。イングランドのFW強すぎですね。

そしてクレバーな闘い方。

日本選手も、なんか腑抜けた感じがあるし。

監督に世代交代とか言われ、やる気というか

チームに対し、そこまで熱くないような気がします。

それでもがんばれ。ブレイブブロッサムズ


サッカーも見事でしたが、リトバルスキーのコメントを読んで

そうか、ゲルマン魂、無くしちゃったんだ。ここの国も

お金に魂を食われたようです。納得です

東スポ


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2023 年 09月 »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

全て
2024 06月 (5)
2024 04月 (3)
2024 03月 (2)
2024 02月 (3)
2024 01月 (4)
2023 12月 (6)
2023 11月 (4)
2023 10月 (5)
2023 09月 (11)
2023 08月 (6)
2022 09月 (3)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ