2019/04:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2019-04-26 05:41:06 0 Comments

知らぬ間にウイキペディアの犯罪等に関する実名

および個人の詳細な履歴がことごとく削除されています。

事件の登場人物すべてがabcdに置き換わり

「物」のように扱われています。

(イニシャルでさえありません。)

驚きました。

言論の自由の象徴であるはずのマスメディアが

自らの陰(かげ)に怯えている時代です。

日和見の「正義漢」が溢れ、知らぬ間に自らが

あらゆるものに規制をかけて、がんじがらめの

楽しくない時代になるのかもしれません。

平成の反動が始まりかけているのかもしれませんね。

程よく落ち着くといいのですが。


2019-04-25 18:08:34 0 Comments

平令和の御代、この辺りも良くなるといいのですが。

労働組合

ここを改善しなければ公の福利厚生は

潰れるかもしれません。


2019-04-10 10:04:35 0 Comments

来月なされる天皇の即位のための儀式が神社本庁のホームページにありましたので貼っておきます

御代がわり

一国の行事としては古代より最大の行事だったと想像させられる規模ですね。

30年前、築地の朝日新聞社の半旗を初めて見て以来

また一つ「歴史」に立ち会うチャンスに恵まれました。

良い時代の幕開けになることを切に願い祈念します。


2019-04-04 12:32:08 0 Comments

朝ドラ

「人は人をあてにする者を助けん。

逆に自分の力を信じて働いていれば、

きっと誰かが助けてくれる。」

その通りだ。おんなじこと言ってる人いるんだと

喜んだのもつかの間

ハッと気づいたのですが、これを言う草刈正雄さんの役は

寡黙な頑固ジジイなのです。

ちょっと待てよ、

もしかしたら、こうゆう台詞を言う人の人物像は

本当は優しいんだけど、寡黙な頑固ジジイなのか?


2019-04-04 12:02:16 0 Comments

朝ドラ

「他人を頼るものを、人は助けてくれない。」

染みる言葉です。


2019-04-03 09:48:39 0 Comments

昨日パレートの法則を書いた後に、

そのことを何気に話をしていたら、

「それ知ってる。中学の頃BLのCDで聞いたことがある」との

情報を得てしまいました。

年齢から察すると10年数年ほど前でしょうか。

少女漫画の世界では

昔から胸をキュンキュンいわせるテーマらしいのですが、

だいたい内容は察することができます。

想像通りなら、その主張は、

総人口の約2割が顕在化している人たちを合わせると

潜在的に異性との交渉を望んでいない。

多分そういうことでしょう。

これが本当に自然の摂理ならば、

無理して結婚する必要はないとも思います。けれど、

そのためには、あらゆる意味で環境に負けない

自己肯定のための「強さ」が必要になります。

生き抜くための強さと潔さ、

そしてその一番は共に生きる仲間です。

やはり時代は変わるようです。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2019 年 04月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ