2011/03:ブログ

1 / 4 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-03-31 17:28:33 0 Comments

またシングルマザーのボーイフレンドが

交際相手の子供を殺害する事件が起きました。

彼に子供を預け、自分が働いていたようです。

ちゃんと働いていた彼女は立派だと思います。

側に誰もいない孤独感、母親としての人生

女性としての人生、その狭間で悩んだ末の

彼との同棲の選択だったと思いますが、

選んだ男が悪すぎた。たぶん、普段はとても

やさしい人なのでしょうが、このような結果が

起きてしまう。よかれと思った選択が

裏目に出る程苦しい事はありません。

もし、彼女と同じような境涯の方がいたら

少なくても仕事を持っている男性を選んで下さい

「しつけ」と言って子供に手を挙げる男性は絶対にダメです。

ほとんどが、本人が、世間からいじめられたか、

子供の頃同じようにいじめられている場合が多く

それが始まると、

自分がやられたときの仕返しそのものになり

歯止めが利かなくなります、

実の子供に当たる母親にも同じ事が言え、

当たった後に、猛反省するのですが、一度

それが起きると、繰り返します。

自分は子供の時いじめられたから、

子供の気持ちがよく解る

というような、みょうに子供に優しい

男性には気をつけて下さい。

誰かに暴力で支配されていた人間は

自分より弱い立場のものが自分の言う事を

聞かないと切れるし、自分がされたのと同じように

暴力で支配しようとします。

子供の頃の話、親との関係、そして仕事の話を

よく聞いてからお付き合いを初めて下さい。


2011-03-31 12:24:44 0 Comments

前回30、31日までは手のつけようがないと書きましたが

この二日間で廃炉がやっと決断され、方向性が決まってきたようです

方向性が見えれば何とかなると思います。

応期が過ぎたので今日再占しました

前回は火山旅が離為火の六冲卦に変わるものでしたが

今回は巽為風が火雷ぜいごうに変わるものです

やはり六冲卦ですが、変動の兆しがあります

長期化は避けられず、大きな傷が修理される気配はありませんが

今の所コントロールは出来ているようです

4月5日までに汚水の処理にメドがつけば炉についても

完全にコントロールができるかもしれません

頼みの綱は外国の技術であり、アメリカやフランス政府に

大きな大きな借りが出来るようです。

巽の卦は優柔不断とか物事が長引く暗示があり、

その通りなのかもしれませんが

信用や、物事が調うという良い暗示もあり

良い面が現実化するよう見守りたいと思います


2011-03-30 00:22:33 0 Comments

スポーツはいいですね。単純でストレートにメッセージが伝わってきます。

今日の両チームからは熱い思いが伝わってきました

そして、多分、日本人の老若男女が全てが知っていると思われる

カズ選手がゴールを決めました。

多くの方の思いが現実化したものだと私には思えます

最年長現役Jリーガーの頑張りを見て、私も頑張らなければ

と勇気をもらいました。

長友や長谷部、内田、香川、宮内、岡崎、本田等々に

期待したい気持ちでいっぱいです。

がんばれニッポンですね。


2011-03-26 10:55:06 0 Comments

もう大丈夫でしょうか?教えてくれませんか?

占いではどうなっているんですか?

答えにくい話です。

同じ規模の地震や津波はないと言い切れるのですが

どうにも、あの原発は人災が絡んでいるので、

現場の判断次第でどうにでも変わる可能性があります。

良いとも悪いとも言いたくありません

原発自体への関心が東京消防庁による決死の放水で

20日にピークをむかえてしまいました

その後は報道にしても、国民の関心にしても

ビジュアル的な動きが無くマスコミが現場に近寄れない分、

闇の中です。易で見ると大きな傷が水に関連する所と

燃料棒の金属部分が大きく剥がれているところにあり

30、31日くらいまでは手が出せない状況で、

どうにもならないと出ています。

もう一度、福島第一原発にこの国の関心を集中させなくてはいけません

祈る事に抵抗がない方は是非、原発事故が改善して行く事

作業している人達の安全と、現場に、人智を越える智慧が授る事

愚かでヒステリーな政治家が余計な事をしない事を

祈って下さい。

(易を立てたときは26日の午前9時で 原発に関しては既に知られている情報とほとんど同じですが、六合卦が六冲卦に変わるというもので、これは例えば、結納まで済ませたカップルが今後幸せになれますか?という占いに来た時、今まで順風満帆に進んできたが、これから、ほんのちょっとしたボタンのかけ違いから、破談になる可能性がある。気をつけなさいと言わなければならない卦です。

最初は、ほんの些細な事から始まります。たとえば招待客の数、式の打ち合わせへの、ほんの少しの遅刻、友人からの横やり、等々、お互いが、本当に、後から思うとバカみたいな、ささいなプライドのために、全力で長い時間をかけて築いてきたもの全てが崩れるようなことになります。

だから安心して気を許せば大事になる可能性もあるし、こんな事も起きるかもしれないと先に判っていれば、ハイハイソウネと聞き流し、危険を回避することができるようになります。通産大臣の言動を見ていると、この人からかもしれないなーと嫌な考えが湧いてくるので敢えて言葉にしました。)


2011-03-21 22:58:02 0 Comments

怒ってばかりでは生きていけませんね

私的に嬉しかった事を一つ

今日nコンの今年の課題曲が発表されました

nコンは生きものがかりの「エール」や

アンジェラアキの「15の君へ 手紙」

森山直太朗の「虹」などの名曲を生み出した

NHK全国学校音楽コンクールです

自分的にはお正月よりも待ちどおしい行事なのですが

昨年は残念ながら中学生の部がパクリの楽曲で

怒り心頭で、やはり怒っていました

(けっこう怒りっぽいのかもしれませんね。)

でも今年は小中高ともなかなか良い曲で

安心しました。
nコン

不思議ですね。原発や、震災被災者のことで頭がいっぱいなはずなのに

歌を聴くと、全てがゼロに戻り、

ただ、メロディ ーと詩の世界にトリップする。

私の一番のお気に入りの学校は福島の郡山二中なのですが、

今年もそのハーモニーを聞く事が出来るのか

心待ちにしています。もし郡山の誰かがこのブログを読んでいたら

皆さんの歌声をお正月よりも待っているオジさんがいることを伝えて下さい

皆さんが生きる事が、ちっぽけかもしれませんが

一人の人間の生きる糧になっていることを。

あなた達に私は癒しをもらい、生きる喜びを与えてもらっています。

センチメンタルかもしれませんね。でも本音です。

五中がライバルかな。実力校ひしめく福島ですものね。

文化の日、楽しみにしています。


2011-03-20 22:17:27 0 Comments

先日、この震災に乗じてキリスト教と名乗る女性が戸別訪問で

我が家にやってきました。

自分的にはめずらしく声を荒げて追い返しましたが

その後やりきれない気持ちにさせられました。

本人は善意かもしれないが、なんて愚かで、馬鹿者なのか

信仰程度で、地震が止められるのなら、

キリストは今も生きているはずだし

あれほど平和を望んだジョンレノンも

良いおじいさんになっていたはずです

信仰は生死を別ける基準にはなりません

良い悪いは別にして死に臨んだ時

あの世を信じて、じょうずに「生」を諦められる

ただそれだけです。

なぜ日本のキリスト教徒は少年愛や

信者の寡婦に耽溺する神父に見て見ぬ振りをし、

狂った原罪を説く、隣国の亜流のキリスト教を信じ続けるのか

イスラムの民はキリスト者の何倍も祈り、

戒律を守り質素に暮らしているのに

現実は殺し合いをオンタイムで繰り広げています

一度、自分の中から宗教を消した時、そこに何が残るのかを

真剣に考えて欲しい。

布教で人が救われるのか?自分は救われるのか?

現実には、宗教で救われていない自分がいるからこそ

宗教の名の下に殉じているのではないのか。

両親を失ったり、愛する人を失った人が絶望をかかえ

おのれの価値はテロであり、それで仲間が救われると

洗脳された者が自爆テロに臨んでいることを

なぜ気付いてあげないのか。

かつてのオームの暴挙と

根っこは同じ所にあります。

自分の良心を、目の前にある、

居心地が良さそうな「主義」にすり替えた事

魂を宗教(主義)に売ったという話です。


個人の中で宗教に生き、自分の生きる拠り所として

宗教に生きる人は、自分にとって必要なのだから

誰からも文句を言われる筋合いはないと思いますが

自分の思想を他人に押し付けるのは、共産主義と同じです。

どれだけ、この主義というやつで、人の命が削られてきたかは

旧ソ連や文革時の中国共産党の歴史をひもとけば自明の理です

同じ思想の者だけが仲間で、後はそれ以外の物にされてしまう

日本でも某共産党脱退者、某宗教教団脱退者が、

もと仲間からいじめられ続けている現実に対し、

彼等の代表はなんと言い訳するのか。

現実は、人の良い信者さん達の思っているものとは違います

差別であり、逆差別がその本当の姿です。

それが「主義」の正体です。

内に主義主張を秘めるのは、とても素敵な事ですが

他人にそれを説くことは、天につばを吐く事と同じである事を

しっかり認識して下さい

同志を求めたいのならば、同志が自然に集まるように

自分自身を磨けば良いし、誰からも支持されない者が

宗教の威を借りてお仲間を作る。

これはチャンチャラおかしなことで、

愚の骨頂以外の何ものでもありません

あらゆる日本人が地震の被害に心傷め、苦しんでいる時

それにつけ込んで自分のクダラナイ主義を押し付けに来る

つけ込み商法まがいの布教には断じてNOを言うべきだし

そのような人を私は心から軽蔑します。

肚の虫が収まらないので怒りに任せて書いた文ですが

皆様も気をつけ下さい。


1 / 4 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 03月 »
27 28 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ