2011/03/26:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-03-26 10:55:06 0 Comments

もう大丈夫でしょうか?教えてくれませんか?

占いではどうなっているんですか?

答えにくい話です。

同じ規模の地震や津波はないと言い切れるのですが

どうにも、あの原発は人災が絡んでいるので、

現場の判断次第でどうにでも変わる可能性があります。

良いとも悪いとも言いたくありません

原発自体への関心が東京消防庁による決死の放水で

20日にピークをむかえてしまいました

その後は報道にしても、国民の関心にしても

ビジュアル的な動きが無くマスコミが現場に近寄れない分、

闇の中です。易で見ると大きな傷が水に関連する所と

燃料棒の金属部分が大きく剥がれているところにあり

30、31日くらいまでは手が出せない状況で、

どうにもならないと出ています。

もう一度、福島第一原発にこの国の関心を集中させなくてはいけません

祈る事に抵抗がない方は是非、原発事故が改善して行く事

作業している人達の安全と、現場に、人智を越える智慧が授る事

愚かでヒステリーな政治家が余計な事をしない事を

祈って下さい。

(易を立てたときは26日の午前9時で 原発に関しては既に知られている情報とほとんど同じですが、六合卦が六冲卦に変わるというもので、これは例えば、結納まで済ませたカップルが今後幸せになれますか?という占いに来た時、今まで順風満帆に進んできたが、これから、ほんのちょっとしたボタンのかけ違いから、破談になる可能性がある。気をつけなさいと言わなければならない卦です。

最初は、ほんの些細な事から始まります。たとえば招待客の数、式の打ち合わせへの、ほんの少しの遅刻、友人からの横やり、等々、お互いが、本当に、後から思うとバカみたいな、ささいなプライドのために、全力で長い時間をかけて築いてきたもの全てが崩れるようなことになります。

だから安心して気を許せば大事になる可能性もあるし、こんな事も起きるかもしれないと先に判っていれば、ハイハイソウネと聞き流し、危険を回避することができるようになります。通産大臣の言動を見ていると、この人からかもしれないなーと嫌な考えが湧いてくるので敢えて言葉にしました。)


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 03月 »
27 28 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ