2011/02:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-02-28 15:24:43 0 Comments

京大の入試漏洩をニュースで見ていたら、京大の正門だと思うのですが、「反戦の砦に」的な大きな看板が飾ってありましたね。学生運動グループの物だと思うのですが、いつまで思想オタクを続ける気なのでしょうか?基盤が反〜の代替思想で成り立たっているので、大衆、民衆、国民とか言いながら個人を見ようとしないし、結局、自滅的に暴力に逃げ、幕引きをしようとする。日教組など良い例です。頭の中だけで戦っているので、加害者としての戦争責任についてしか戦争を論ずることができない。NHKも同様の番組の作り方です。自分達が被害者になる恐怖が全く欠けている。唯一地上戦が行われた沖縄の人達はどうなんでしょうか?日本の兵隊も敵、アメリカも敵の中で過ぎしてきた人達は?誰にも守ってもらえないのなら独立するしかないと考えるのも無理からぬことです。
国土を蹂躙されてきた中国も南北朝鮮も、被害者としての歴史が近代史としてのありかたです。その加害者である日本は加害者としての十字架を憲法9条により背負わされ、現代に至っています。けれど、やられた事を水に流すというのは幻想で、臥薪嘗胆が当たり前の人の姿です。自分達の国力が相手より上回れば、チョイチョイ、ちょっかいを出し、昔の事をちらつかせ、声を大にして言いはり、相手を見下して溜飲を下げる。気に食わない取引先を切る時の常套手段ですが、ここ何年かの極東の姿です。ことはもっと複雑ですが、マスコミの日本の戦争の取り上げ方を見ていると、やはり、視線が一方的で、何か危険な臭いがしています。強盗が来ても、手をあげて全部渡してしまうのが真の平和主義者であり、奴らが帰った後にもとからやり直せば良いじゃないかというのが、彼等の考えかもしれませんが、そこに居座り、自分達も家畜の様に扱われたとき、何と言うのでしょうか?近現代でもチベットなどでこれが行われました。
もう少し、ちゃんと報道は事実を言うべきです。


2011-02-25 16:52:18 0 Comments

昨日は雨、今日は春一番と本当に春らしくなってきました

皆が希望を何気なく思う時期なのですが、

「希望」とは「絶望」をより増してしまうものです

もし、側にそんな人がいたら、声をかけてあげて下さい

哀れむのではなく、友達として、一緒に楽しむために

誘ってあげて下さい。

子供をかかえたシングルマザーさん。

離婚調停中のお母さん。

いつまでこの苦しみが続くのかではなく

せめて、桜の花を見るまで、夏の太陽を感じるまでと

何か楽しみを見つけて下さい。お酒に逃げるのもかまいません

けれど、時々は外に出て、大気に憂さを吸い取ってもらって下さい

こんなに苦しんでも生き続けなければならない意味が分からない

と言う人もいます。

私も同じ事を質問したことがあります。

ある霊能者の方はこう言っていました

前世とまったく同じことをやって、同じように途中でやめて、また

同じように生まれ、苦しむ。苦しみを超える努力をし続けることだけが

この繰り返しの生を終わらせることができ

次はもっと違った喜びのある人生を過ごすことができる

けれど、逃げたら、また何度も何度も苦しみは追いかけて来るよ

そう告げられたとき、なんてこった、でも本当かいな?

と思ったものです。

沢山の人を見ていると、どうも本当らしいと言うのが最近の感想です

これが真実かどうかは解りませんが

ただ間違いないのは、春がくれば夏が来て

秋そして冬と時間だけは間違いなく流れ、移り行く

悪い時も、慣れてしまえば、当たり前の痛みに変わり

喜びも同様です。

慌てること無く静かに、時の流れとダンスする。

そんな人生の楽しみ方もいいかもしれませんね。


2011-02-24 16:52:08 0 Comments

世界が荒れています

こんな時は家庭も荒れやすくなります

相手に甘えすぎ自分のコントロールが利かなくなり

つい、余計な一言や、余計な行動をとる所から始まったり

日頃のウップンをこの時期に晴らす気になってしまったり

メンドクサイ心理状態に動きやすいので注意して下さい

大事になりかねません。

少々、期待や、喜びはセーブするくらいが適量の時期です。


2011-02-19 10:16:39 0 Comments

生きてることが辛いなら

苦しい時は皆同じです。ここにコメントしている人達皆が、おまえもガンバレと励ましてくれています。
一度聞いてみて下さい。


2011-02-18 11:45:52 0 Comments

よく若い女性で彼へのメールの返信がすぐ来ない。

自分は好かれていないんじゃないか?

とバカなことを言っている人が時々います。

本人もこのことを自覚していて、それでも返信を待てない

と悩んでいます。

あちこちの占師さんを訪ね、

悩み相談をしているのですが

おかしいのは、解決方法を求めているようで

その実「大丈夫ですよ、相手は貴女のことを愛してますよ」

と言われるためだけにお金をばらまいています。

おんなごころと言えばそうかもしれませんが

自信を持って下さいと言うと

自信はどうすれば持てるのですか?と聞いてきます

自身をもつためにどうすれば良いのか?

人としての永遠のテーマです

仕事でも、家事でも、小さい成功を積み上げて行くことしかありません

今のままで自信がないのなら、自信が持てるように何かをしなければ

どうにもなりません。若い時は、肉体という、かけがえのない財産を

人は持っていますが、残念ですが肉体は老いて崩れ行くものです。

いつまでも輝ける若さも肉体もあり続けることはできません

けれども時とともに、成長し続けるのは心だけです

人の魅力は結局は精神性の高さしかなく、自分の向いている方向性

の人としかご縁ができません。好きな人から愛されたいのなら

相手と同じ方向を見ることです

好きな人と一緒にいつまでもいたいと言う人は、このことを

しっかり憶えておいて下さい。

彼からのメールの返事が来ない。どうすれば来ますか?

の答えですが、相手との精神的な繋がりを持つこと

具体的には二人で共通の物を持つことです

お守りでも携帯ストラップでも、写真でもかまいません

彼からプレゼントされた物でもいいし

自分がプレゼントしたものを身に付けてもらうの良いと思います

それだけで、何らかの安心感が生まれてきます

その上で、お互いの信頼感が深まるような

お付き合いをして下さい。

肉体関係だけではなく、貴女が作った食事を食べてもらうとか

同じ映画をみて議論してみるとか、離れていても、共通の話題を探して

話し合ってみるとか、精神的な繋がりを作ることです

議論が苦手なら、話のネタだけを相手にふり、

静かに聞いていることです

難しくて内容が判らなくても、一生懸命聞いている姿勢が

相手に通じれば、信頼は得られます。


2011-02-15 11:53:45 0 Comments

運勢鑑定はその方の人生を動かしている運の性質、

起きて来る現象と、その方が本来持っている星の解説をし、

それに対する処方箋を出しています。

処方箋と言うと大げさですが、

心の持ち方と努力する方向性です。

「少し待って下さい」「○○して下さい」

「たまには優しくしてあげて下さい」

「今出来ることだけで良いですよ」と本人の状態を

把握した上でアドバイスをしています。

ただ、物凄く「当たり前」なことなので、

言われたことを無視する人が時々います。

薬は飲まなければ絶対に効果はでません。同じことです。

けれど、飲んだ人はその即効性に

驚くようなことが起きていることも事実で、

ときどき嬉しい報告をいただいています。

また、言われた通りやって自分自信は楽になったのだが、

自分の実家はなぜ良くならないのか?と問う方もいます。

実家の方に鑑定を受けてもらえれば

助けることが出来るかもしれませんが、

縁が生じなければどうにもなりません。

これが一番難しい問題かもしれません。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 02月 »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ