2010/10:ブログ

1 / 5 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2010-10-31 23:56:07 0 Comments

私はゴルフはやりませんが、石川遼君がプロになってから、ゴルフ中継を見るようになりました。

今日のABCチャンピオンシップの優勝した金選手の17番ホールでのバーデイは凄かったですね。

あのロングパットが入るなんて! やはり、戦争をしている国のスポーツ選手の

ぎりぎりの時の精神状態はハンパじゃないのかもしれません。

太陽政策でボケたとはいえ、兵役があり、休戦が破られた時は

銃をとる訓練をしている国の人には凄みがあります。

だいぶ前の話ですが、台湾からの留学生も、

日本のヤクザさんは怖くないと言っていました。

台湾も兵役があり、彼等に言わせると、ワガママなガキが大人になって

生まれ変わって来るそうです。

(皆そうかと聞くと、皆がそうゆう訳ではないとも言っていました。)

知っていそうで知らない事が多い近くの国の事情です

ちなみに、韓国や台湾の20歳以上の男子は全員、銃や、機関銃の使用方法をマスターし

射撃訓練を受け、基本的な人の殺し方をマスターしていると言う事です。

我々の持つ常識的な危機感とはかなり違う次元でのリアルな常識が他国にはあるようです。

相手を知らずに、自分の生まれ育った国の常識が通じると思ったら、

大きな間違いを犯す事になる。

金選手のバーデイーを見て、こんな事まで考えさせられるような、凄いバーデイーでした。

石川選手がどこまで戦えるか、とても楽しみです。今年は、あと3戦か4戦でしたね。

賞金王争いが楽しみですね。


2010-10-25 17:57:22 0 Comments

中国の動きは、ほぼ、予想した通りの動きになってきています。

静かに見ている事です。

それより、北海道の補欠選挙で自民党が勝ちましたね。

政治と金が勝因だと、まだ、バカな事を言っている自民党です。

いつまでたっても、自民党のママですね。

民主党も自民党も一度解党し、志の高い人達で新党をつくれば、

もう少し、まともな世の中が出来るのではないでしょうか。

でも、一番の多数党は烏合の衆かもしれませんね。

他人頼りの政治家が責任回避のために官僚にすべての責任を

押しつけ、知らんぷりをやっていたのが、自民党政治だし

それでは、責任をとり腹を切る見返りに、好き勝手をやらせてもらいますと

責任をとり辞職した後の天下り団体を作って来たのが、天下り官僚の先輩達ですね

民主党が、もっと確りしなければ、どうにもなりません。

官僚も日本人として国のために仕事ををしたい人がほとんどです。

官僚は女房、政治家は亭主、バカな亭主でも支えて行くと頑張っている女房に、

オマエが悪いと言っていたら、家庭の中はメチャクチャになりますね。

隣で火事が起きかけている今の次期がチャンスです。危機を乗り越えるために

一致団結して将来に備えれば、将来に対し、何も憂える事はありません。


2010-10-23 00:02:16 0 Comments

日中関係の騒動も終息に向かい、日本企業も生産の基盤を中国からベトナムやタイに移すようですが、本質的な部分でのいざこざは、まだまだ続くようです。

残念ですが、本年の10月半ばからある程度白虎の現象が終息し始めると予測しましたが、修正しなければならないようです。タヒチでコレラが流行り始め犠牲者がかなりの数出ていると報道がありました。熊が里で人を襲い、台風でも死者が出ています。今の次期にこれらの白虎の現象が落ち着かないようなら、ここ10年暴れ続けることが予想されます。

争いごとが起きた時は、貴方の感想は抜きにして、ただ、事実を事実として訴えて下さい。変に感想や考えを入れるとアゲアシをとられたり、逆恨みをされます。変な意地やプライドは捨て、祟り神に触れるような事はしないよう気をつけて下さい


2010-10-20 13:04:12 0 Comments

東京新聞コラム筆洗三遊亭円生さんの芸への思いが載っていました。「砂の山」は私たちの日常生活そのものですね。仕事も、夫婦の絆も大丈夫か、たまにはチェックしてみて下さい。手を抜いたり、諦めたりしたら終わりですが、休憩をしっかりととり、泣いたり笑ったりしながら、頑張れば、なんとかなるものです。


2010-10-20 01:23:24 0 Comments

朝日ドットコムこの人、並みの頭の良さじゃありません。わりと簡単に何にでも盲動する一部の中国人が自分をどう見るか、敵を作らないためにはどうすればいいのか、戦わずに勝つにはどうすればいいのか、よく解っている人で、普段自分をバカに見せる事に長けている人です。日本の直情型の政治家じゃ相手にならないかもしれませんね。

朝日の記者の文章を読むと「酸いも甘いもワキマエテいる苦労人」的な姿を、ズボンからみえる靴下のダササに重ね、なにげに好意的にとっていますね。中国4千年だか5千年だかのトップの処世術に、もう、騙されています。彼が何をするか、何をして来たか、誰に支持されているのか、ナゼ太子派なのに次期国家主席に押されたのか?ましてや小沢氏が民主党の幹事長の時、ルールを破ってまでナゼ天皇との会見をさせたのか。もう少し冷静に分析しないといけませんね。


2010-10-18 23:47:23 0 Comments

中国各地で反日デモが起きている報道がなされていますね。日本としてはあまり気にする事はありません。大きく構えていれば問題ありません。デモが、だんだん内向し、自分達の足下を見ることに気付き始めれば自然に、向かう方向は見えくるでしょう。ここからは内政干渉ですね。口出しは無用です。それより習近平さんが次の国家主席に決まったそうです。彼が国家主席になれば、中国が分裂する可能性があります。バブルがはじけるのかもしれません。また、彼の体が壊れるか国がはじけるか、両方かもしれません。日本の関係者の方は確りと備えをしておいて下さい。彼が主席になるまでのここ2.3年間の中国が関係する国内外の動きに予兆が現れてくるので、探査を怠らないようにして下さい。


1 / 5 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2010 年 10月 »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ