2011/09:ブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-09-30 18:53:15 0 Comments

暑さ寒さも彼岸までといいますがお彼岸も過ぎ

そろそろ夏の疲れがドット出始めているのではないでしょうか

夏の太陽の熱気に焼かれた大地の熱が秋の金気により冷め、

冬の冷気の成長とともに徐々に季節のチャンネルが変わり始めます

毎年の事ですが、これにその人の心の経験が重なり合わさり

昨年とは違う季節の姿を映し出します

人は常に過去を振り返りながら生きています

今年は春から苦しい事が続きました。

誰もが心に大きな傷を負いました

その傷が黒い実を結ぶのもこれからの季節の特徴です

緊張の糸が緩んできます。人との繋がりを大事にして下さい

内向的に自分がなっていると気付いたら少し立ち止まって

ゆっくり深呼吸する事が大事です。明日があるさ!

考えても、どうしようもないことはとりあえず諦めて下さい。

小学校によくあった「夢は実現する」「無限の可能性」

という標語はとりあえず毒になる季節です

夢を諦める事も大事、夢以上に大切な事があることを

自分に確認して下さい。それは、

「命を慈しむ事」です。

どうしても死にたいと言う人は誰かの命を救うために

その日がくるまで今ある命を大事にすることです

死の瞬間までそのチャンスは存在します

死は怖い。けれども自分を犠牲にしてでも

目の前にある他人の命を救おうとするのが

人です。

その自己犠牲のすがたを宗教上最も美しい行為とまで言う人がいますが

これは人の属性の一つです。けれども、この気持ちは長くは続きません、

回数で言えば三回程度、ほんの一瞬です


救われている側がそれを当たり前なんだと思い、開き直ったり

我を出してしまったら相手から捨てられるのも世の道理です

気をつけたいものです。


2011-09-26 07:24:38 0 Comments

生徒募集中なので推命がわかると何ができるかをこんな感じで出して行きたいと思います。

これも某占いサイトの私の回答です

運勢の変わり目がわかるようになるとこのような回答ができるようになります


もともとが、色々な事にこだわりやすく、物事を暗く考えるクセのある方なのですが、昨年あたりから運勢が変わり、心の自由度が増しています。その分、他人との摩擦も増えます。これには気をつけて下さい。いままで言えなかった事が言えたり、反発せずに耐えていた事に耐えられなくなったりしてきていませんか?
この現象を別な面から見ると、いままでは流れでただ生きてきたが、自ら生きる事に積極的に取り組み始めたと見る事もでき、これからは自分次第の努力で結果がでてきます。幸せになりたければ幸せになる努力をして下さい。そうすれば必ず幸せになれます。ときどき過去の暗い自分の心が頭をもたげますが、それは捨てても良いもので常識を忘れず、計画的に生きれば大きな問題は起きません。


2011-09-25 11:16:36 0 Comments

ある公開占いサイトへの私の回答です。

相手の方の質問はなんとなく想像して下さい。



今のままで良いのではないでしょうか。妹さんのご供養にしても、やるべき事をやっているのならば、ご自分の目に映らないあの世の事を気にしても仕方の無い事です。

家族を持ちたいと思うのなら、家族を持つために努力をして下さい。恋愛に縁が無いのならば、しっかりした婚活をし結婚出来る相手を見つける事です。

今の自分を過去の自分と比べたり、身に覚えの無い因果関係で縛れば縛る程平穏な日常から遠ざかる事になるので注意して下さい。今、自分の人生にベストを尽くす事です。お仕事でも、なんでも生き生きと生きれば後悔のない人生が送れます。自分の足りない所を探せば、だれでもが果てしない欠陥だらけですね。お日様を見つめて生きるか、夜の闇に意識を置いて生きるかで人の人生は決まるものです。できればお日様を見て進んで下さい。


2011-09-24 12:56:12 0 Comments

大部前の事、某国際機関の議長だかなんだかに通るかと

質問され、受かってもキツいだけだから今のままのほうが

良いですよとアドバイスした事がある。

男性にとって出世こそ生きる価値だと思い込み

また、いわゆる占師さんも何年と何年が出世する年だと

言う事がある。

けれども世の中をよく見ていると、必ずしも出世=幸せではない

かえって、その出世が本人の運勢のまま回りに迷惑をかけたり、

企業ならば業績の悪化、思いもかけない事故等々修羅場の最前線に

立たされたり、人前に立つ事によって秘密が暴かれ

なぶりものにされることをなど、ここ数年の報道を見れば

火を見るより明らかだ。

このように恥をかくために出世させられることが世の中にはあり

この辺を見破る事ができなければ、備えなく運勢の罠に落ちてしまう

そして同様なことが結婚に関しても起きていると言うのが

とても多い現実の話です。

この辺のからくりを見破れることが鑑定士の一つの基準である

貴女を不幸に引きずり込まない、よい占師さんを選んで下さい。

そのような経験のある占師さんは再び同じ過ちを犯さないよう

正しい鑑定を学び、これから人を救えるようになることが

必ず罪滅ぼしに繋がります。


2011-09-22 09:08:48 0 Comments

諸事情によりメールの無料鑑定はしばらくお休みいたします

年に何度か不定期で行って行くつもりで

お知らせの欄で告知いたします

それに伴い、メール鑑定を本来の値段に戻します


2011-09-18 00:36:56 0 Comments

11月より四柱推命の教室を開くことにしました

今年の6月に初級師範の免許をいただき

教えるのをどうしようかと悩んでいたのですが、

市販の占い本や、自称プロの占師にいじめられ、

疑心暗鬼に落ちて、本当はどうなのかと

訪ねてこられる方や

プロの占師の方でも自分の鑑定に自信がないと

悩みを打ち明けて来る方がおり

少し位はお力になれるかもしれないと

自分が学んだ、とっておきの推命術を公開して行きたいと

思います。


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 09月 »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ