2011/04:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-04-22 16:03:52 0 Comments

毎日新聞

地震直後からの自衛隊と米軍、日本政府の姿が興味深く書かれています。一読を勧めます。皆がダメと言えばなんとなくかばいたくなるのが人情です。国民に恫喝されるている首相ですが、根性だけはある人です。途中で投げだした元首相達よりは、はるかに責任感はあります。日本のためにも良い流れが彼に来ると良いのですが。お仲間の政治家先生達や烏合の衆のような補佐官の中から、まともに諫言するかたが表れる事を期待したいと思います。国に徳があれば必ず現れて来るものです。期待したいと思います。


2011-04-19 23:41:00 0 Comments

プロ野球が凄い事になっていますね

甲子園に出場している高校生達のような

真剣さと、諦めない姿が毎日画面に映し出されています

ダイレクトに選手達の姿勢が伝わってきますね。

見ていて気持ちがいいし、見る者を勇気づけてくれます

最初からクライマックスのプレーを見せてくれていますね

シーズン終了まで誰も怪我をしないと良いのですが。


2011-04-12 01:37:14 0 Comments

この春をきに、新しく家庭を築く方が多いようですね

最初から全てがうまくいくと思うより

どんなに時間をかけ結婚したカップルでも

一緒に暮らし始めれば、色々な事が起きてきます

一緒に暮らして初めてわかる伴侶の事

等々、いくらでもあります。

そのとき一番大事なのは、あわてない事

そして、こんなこともあるさと動じない事です

暖かい家庭は一朝一夕ではできません

相手の方の実家とのお付き合いの仕方によっては

あんなに愛し合っていたはずなのに、

火が消えるようにお互いの信頼が一瞬で消えることもあります

結婚は、時間をかけて、相手と相手のそれまでの人生全部を

受け入れる作業です。決して甘いだけのものではありません

それだけに、嫁にしても婿にしても社会的な地位が保証され

その権利が与えられ、恋人関係とは似ていますが、

まったく違う生き方が求められます。

大人になるという事かもしれません。恋人は恋人、結婚は結婚です

この区別ができないと、やはり、結婚生活はうまくいきません

自分の義務を果たし、少しずつパートナーと家庭を築いて行く事です

結婚に一番必要な事は、家柄やお金や学歴や美醜や

セクシーさではなく、「人とともに上手に生きるための智慧」です。


2011-04-07 23:15:49 0 Comments

今年も美しく桜が咲いています

近所の道端にある山桜はすでに散り始めています

花は咲き、散るものです

見事に散るためには、風に耐え、雨に耐え、大きく咲き誇り

寿命を全うし、散り行くことを喜びとし、桜吹雪として

花の人生をまっとうする。

今をしっかりと生きる事こそが我々にとっての花の人生です

散る時が、すぐそこに来るまで、ともに、しっかり生きましょう

生は死の鏡であり、死は生の鏡であることを知れば

少しかも知れませんが、死に対する恐怖は減ります

ときどき散る時のことから人生を考える事が必要かもしれません


2011-04-07 23:15:48 0 Comments

今年も美しく桜が咲いています

近所の道端にある山桜はすでに散り始めています

花は咲き、散るものです

見事に散るためには、風に耐え、雨に耐え、大きく咲き誇り

寿命を全うし、散り行くことを喜びとし、桜吹雪として

花の人生をまっとうする。

今をしっかりと生きる事こそが我々にとっての花の人生です

散る時が、すぐそこに来るまで、ともに、しっかり生きましょう

生は死の鏡であり、死は生の鏡であることを知れば

少しかも知れませんが、死に対する恐怖は減ります

ときどき散る時のことから人生を考える事が必要かもしれません


2011-04-06 08:50:33 0 Comments

東京電力によると、福島第1原発2号機取水口付近のコンクリート製立て坑「ピット」からの高濃度放射能汚染水の海への流出が6日午前5時38分ごろ、止まったことが確認された。(時事通信)

次は原子炉と燃料棒の破損ですね。前回書いたように汚水の処理が出来れば何とかなると卦に出ているので何とかなると思います。前回書いた通りです。他国からのアドバイスでしょうか、技術でしょうか、改善に向かうと思うのですが、ただ、汚水の流出が完全に止まっても、放射能による風評被害は7月くらいまで続くようです。

原発に関することは、だいたいこれでメドがつくと思います。

最後に、今回の原発の惨事に着いては以下の記事を読むと100パーセント人災なのかもしれません。


スイスインフォ

いろいろ知ってはいたけど、やらなかった。まさか本当に起きるとは。

こんな感じでしょうか。節約節約と節約によって本当に大事な事まで節約してしまい、元をするという笑い話にもならないことが起きているのかもしれません。節約パフォーマンスの仕分けでナンバー2ではダメなの?と聞いていた人がいましたが、命と信用はナンバー1でなければ守れないことを、大きな大きな犠牲で学ばされた、今回の震災です。物事の本質を見る目を日頃から磨きたいものです。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 04月 »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ