2013/09:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2013-09-23 12:18:25 0 Comments

断易にしても四柱推命にしても

当たる占いは、ものすごく当たります

鑑定対象者の日頃の口癖まで当てます。

しかし、ここで考えて欲しいのですが、

占いが当たった。だから何?ということです。

断易で「死」をテーマにした占例を

2題公開しましたが、

私には卦に現れた結果を動かす事はできません。

ただ傍観者として、その事情を知るのみです。

結果を動かす事が出来るのは、その当事者しかいない。

この事実を忘れてはいけません。

むかし、占いを教えてくれた人が、

占いには三禁というのがあって

「姦 寿 盗」は依頼者に告げてはならない

タブーだと教わりました。

姦これは浮気、不倫についてです。

寿これは寿命、死について

盗これは犯罪についてのことです。

聞こえは聖人君子の守る道ですが

(まあ、その先生は晩年、若いお弟子さんと醜聞をさらしていましたが.......。)

しかし、今にして思えば、これは、

単なる、できないやつの戯言(たわごと)です。

姦も寿も盗も全てが判った上での鑑定、指導でなければ

根本的な救いを提案する事はできません。


2013-09-23 11:18:41 0 Comments

もう一例

だいぶ前の実例です。

辰月 壬寅日 辰巳空

離為火の風沢中浮 乱動


   兄弟 巳 空 世爻 白虎
   子孫 未 ×     騰蛇
   妻財 酉 ○      勾陳
   官鬼 亥 ○  応爻 朱雀
   子孫 丑 ×     青龍
   父母 卯      玄武 

この例題は依頼者の会社の事務の娘さん(子供のときからの知り合い)が財布も持たずに家出をしたようだ、どうなのか?という占題です。乱動の場合は日を改めて占うというのが常道なのですが、本人の命式は知らなかったのですが、その母親の命式は相談されていたので手元にあり、緊急を要すると判断し、卦を読み解く作業に移りました。

「乱動は鑑定しない」これが古来からの原則です。しかし卦は現実を写し取る鏡だというのが私の考えです。ならば、乱動以外の卦の動きを見ればいい。

すると、とても単純にその姿が見えて来る。そこに写されているのは悲しくもリアルな現実です。

結果だけいうと、その娘さんはビルの屋上から飛び降りて亡くなっていました。この卦にはその理由まで語られています。


ここに出されている卦の解釈は多分、どこにも書かれていません(寡聞のためか、そのような本は見た事がありません)私が見つけた極意の一つです。また、同じ解釈で当たるかというと無理かもしれません。断易は術者次第の占いで、この得卦が何よりも難しい占いです。しかし術者に真剣にスイッチが入ったときははずれません。



ちなみに、私は緒方先生に「断易」の紹介をいただき、先生の御著書の「断易実践鑑定講座」も私なりに研究させて頂いていますが、残念ですが、今のところ先生の断易講座には参加した事がありません。


2013-09-20 22:01:50 0 Comments

実はこんな事をブログに書いては消しをしていたのですが

今日、こんな記事が報道されていたので、また、公開します。

断易が出来る人は研究してみて下さい。

朝日新聞デジタル版 9月20日(金)19時16分の記事です。

【機動特派員・牧野愛博】北朝鮮で8月、金正恩(キムジョンウン)第1書記の夫人、李雪主(リソルチュ)氏の不祥事が持ち上がり、事実を隠蔽(いんぺい)するために関係者の公開処刑が行われた。李氏がかつて在籍した銀河水(ウナス)管弦楽団は解散したという。日韓両政府も事実関係を確認した模様だ。

 最近脱北した北朝鮮高官が明らかにした。不祥事の発端は、銀河水管弦楽団と旺載山(ワンジェサン)芸術団の団員9人が、自らが出演するポルノを制作した事件。警察にあたる人民保安部が9人の会話を盗聴し、「李雪主も昔は、自分たちと同じように遊んでいた」という会話を傍受したという。

 正恩氏は李氏に関係する醜聞が外部に漏れることを懸念。8月17日に9人を逮捕した後、裁判にかけずに3日後の20日、平壌市の外れにある姜健軍官学校の練兵場で、軍や党の高位幹部や楽団関係者が立ち合うなか、9人を銃殺した。



テレ朝
2013年09月01日 12:24
テレ朝を見ていたら北朝鮮で正恩さんの元恋人が

AVに出て公開処刑されたと写真付きで

報道していました。国際大会に出て来る

美人応援団とは違い誰が見たいの?

と思わざる得ないので

その真相を占ってみる事にしました

庚申月 庚午日 戌亥空

雷風恒の沢雷隋

どうも、この女性は元カレのことを

コメントしたことが風の噂で彼に伝わってしまい、

それがバレて逆鱗に触れたようです。

関係家族の前での公開処刑ですから、

もし、知っていても

しゃべった奴は許さない。

こんなかんじでしょうか。

これから、もっと厳しさがましてくるようです。

地位は安泰しますが、経済は難しいようです


2013-09-17 10:55:10 0 Comments

こんなに人の世では色々な事が起きているのに

季節はめぐり、疑いも無く夏から秋へ、

秋から冬へ移り変わっています。

昨日の台風の大雨も嘘のように今日は晴れています。

不思議ですね。


私は小学校2年生まで山形の神町におり

ふりつむ雪の音の記憶があります。

雪が降ると音がするなどと、都会の子供達は

あまり知らないかもしれませんね。

また、春になれば

春の光に照らされ、積もった雪の表面が

輝きながら溶けだし、清々しく、

命が躍動するようなエネルギーを与えてくれました。


ところが年をとるたびに汚れちまった大人になって、

多くのものが遠い過去の思い出になり、

体験としての実感が衰えて来ています。

たまに空に吸い込まれるように意識が

気持ちよく拡大するときがあるのですが

まあ、めったにはありません。たいていは

目先の仕事に集中し、視野が狭くなっています。




子供の頃の感性ぐらいは残っていてもと思うのですが、

生きて行くためには、とりあえず2の線に下げなければ

苦しかったのでしょう。子供のままの姿で生きる事は

容易な事ではありません。でも、そのすがたは、ただの

利己的な自我自尊の役立たずの、バカものでしかありません。

人の世は人を支え、支えられで成立している。

生きる事は、辛いことですね。





(誤解があるといけないので、死んだ後の世界こそが、今の我々の世界だという人がいます。その通りだと私も思います。と言うと、これからは「死んだ後も辛いですね」と挨拶しなければならないのかもしれませんね。笑)


2013-09-12 21:18:50 0 Comments

我々の仕事は裁判官ではありません。

どうすれば、より楽に生きる事が出来るかを

提案するのが我々の仕事です。

いかに、いばらの道を本人が選んでいたとしても

本人にその覚悟があるのならば、

その中で、どうすれば、より安全で楽な生き方ができるか?

それを精一杯考え伝える事。それがテーマです。

そう言うと不謹慎だと言う人もいるでしょう。

しかし、中には、ご自分の正義感で他人の生き方を、

どうのこうの言うかたがいますが、その正義感で

対象を殺す場合もある事をご存知でしょうか?

そのくらい人の人生は複雑でねじれています。

鑑定者はこのことを先ず知らなければなりません。


2013-09-10 19:04:04 0 Comments

先日、生徒さんとの話の中で

親との関係に悩んでいる人がとても多い.......。

そんな話を伺いました。

(この生徒さんはプロとして活躍し始めかたです。)

5年程前、某占いサイトに出ている頃、私もプロフイールに

この事を書いた覚えがあります。

いままで、色々な親子を見てきましたが、

元命式にそれがハッキリと現れているケース、

親のどうのこうのではなく、本人に問題があり、

自分から崩れてしまっているケース

親自身の苦悩のとばっちりを受けてしまったケース

など、様々です。一概に誰がどうのこうのとは言えません。

もし、このように親子関係に刺が刺さっているかもしれないと

思われるかたは、ご自分のケースを分析してみて下さい。

また、冷静に分析さえ出来ない人も多いと、

生徒さんはおっしゃっていました。

最近、NHKの教育テレビでハートネットtvという番組を

放送しています。その中でつい最近、親の性的虐待について

特集していました。重苦しいテーマです。また、

幼児虐待についても何度か番組はとりあげていました。

番組を見ているて、これを星の組み合わせだと

言っていいのか?と何度も自問した覚えがあるのですが

やはり、私の結論は、「教育」に行き着いてしましまいます。

親が、子育てへの愛情を優先させるよりも、自分を

甘やかせる自己愛を選択をしてしまう。

自分さえ良ければかまわないという、

自分を律することを放棄させて、

それを個人の自由だと言い、個性的な生き方を

奨励されて大人になってしまった、親達の責任です。

どんなに運勢が悪くても、一点に集中し、前を向いて生きれば

成功する事は必ずできます。しかし、運がいくら良くても、

人生に甘え、楽に流れ、自分は運が良いから大丈夫だ、

バレるもんかと、たかをくくっていれば、必ず、どつぼに落ちる。

私の言う教育とは「学校のお勉強」のことではありません

「因果」についての知識と智慧を持つ、学びのことを

言っています。

一日も早く、あらゆる親の世代が、当たり前の正義に覚醒し

次の世代を大切に育てる事ができるよう祈る毎日です。

最後に、被害者して生きて来た人達の心の底にある傷を治すことは

難しいことです。軽々に治るなどと発言する事は憚れます。

しかし、少しずつでも外すことは出来るかもしれません。

そのヒントが、この推命術の中にあります。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2013 年 09月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ