ブログ

[ 戻る ]

和解

2013-09-10 19:04:04 0 Comments

先日、生徒さんとの話の中で

親との関係に悩んでいる人がとても多い.......。

そんな話を伺いました。

(この生徒さんはプロとして活躍し始めかたです。)

5年程前、某占いサイトに出ている頃、私もプロフイールに

この事を書いた覚えがあります。

いままで、色々な親子を見てきましたが、

元命式にそれがハッキリと現れているケース、

親のどうのこうのではなく、本人に問題があり、

自分から崩れてしまっているケース

親自身の苦悩のとばっちりを受けてしまったケース

など、様々です。一概に誰がどうのこうのとは言えません。

もし、このように親子関係に刺が刺さっているかもしれないと

思われるかたは、ご自分のケースを分析してみて下さい。

また、冷静に分析さえ出来ない人も多いと、

生徒さんはおっしゃっていました。

最近、NHKの教育テレビでハートネットtvという番組を

放送しています。その中でつい最近、親の性的虐待について

特集していました。重苦しいテーマです。また、

幼児虐待についても何度か番組はとりあげていました。

番組を見ているて、これを星の組み合わせだと

言っていいのか?と何度も自問した覚えがあるのですが

やはり、私の結論は、「教育」に行き着いてしましまいます。

親が、子育てへの愛情を優先させるよりも、自分を

甘やかせる自己愛を選択をしてしまう。

自分さえ良ければかまわないという、

自分を律することを放棄させて、

それを個人の自由だと言い、個性的な生き方を

奨励されて大人になってしまった、親達の責任です。

どんなに運勢が悪くても、一点に集中し、前を向いて生きれば

成功する事は必ずできます。しかし、運がいくら良くても、

人生に甘え、楽に流れ、自分は運が良いから大丈夫だ、

バレるもんかと、たかをくくっていれば、必ず、どつぼに落ちる。

私の言う教育とは「学校のお勉強」のことではありません

「因果」についての知識と智慧を持つ、学びのことを

言っています。

一日も早く、あらゆる親の世代が、当たり前の正義に覚醒し

次の世代を大切に育てる事ができるよう祈る毎日です。

最後に、被害者して生きて来た人達の心の底にある傷を治すことは

難しいことです。軽々に治るなどと発言する事は憚れます。

しかし、少しずつでも外すことは出来るかもしれません。

そのヒントが、この推命術の中にあります。


カレンダー

« 2020 年 09月 »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ