2014/10:ブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2014-10-29 06:50:27 0 Comments

一気に冷え込み始めました

胸元、足元、露出しているところから

知らぬ間に冷えが入ってきます。

特に金水の強い方は注意してください。

また、余計なことを考えて、必要ないのに

落ちこんでいる人も増えてきていると思います。

心に引っかかっている話題を冷静に分析したら

最後の選択肢に

「気にしなくていい」「どうにかなる」の

項目を入れてください。

それでもどうにもならない時は誰かに

話してみることです。

ほどほどに自分をいじめるのは

悪くありませんが、しつこくいじめれば

ノイローゼを起こします。





土曜の夜の教室(19時〜)に空きがあります。

個人講義になります。ご希望の方は面接を致しますので

メールでご連絡ください。


2014-10-26 22:19:39 0 Comments

いろいろなことが絡(から)まり出して、

人生の流れが悪いと気づいたら、

それに気付いた人が先ずは動くことです。

「気付いた人しか動けない」

と言い換えたほうが分かりやすいかもしれません。

動けば変わり始めます。

けれども、ごり押しはダメです。

ゆっくりと、静かに、諦めず、

良くなることだけを考えて勇気を出して

進んでください。


2014-10-25 21:21:24 0 Comments

昨日夕方5時頃、歩道から車道をふらふら歩いてる

黄色い帽子の小学生に「危ないよ。」と

かなり優しく声をかけたら、顔を歪(ゆがめ)て

睨(にら)まれました。黄色い帽子からすると

小学校1年生でしょう。

時間を考えるとスマイルスクールからの帰り道

です。どうみても、いじめられている顔です。

さらに見ず知らずの大人にまたいじめられたと、

身構えた姿です。

見ているほうが苦しくなる。

6歳ぐらいにして人生を諦めているように感じられます。

けれども、人生は進み、

思春期を迎え、成人し、社会人としての責任を

問われる時期が必ず来ます。

肉体に力が満ち、働けるようになったとき

自分の短所を誰かのせい、親のせいにしない

生き方をしてくれればと切に願いたいと思います。

見ず知らずのうるさいジジイのことをいつまでも

覚えてくれていたら、すこしは彼の人生に

貢献できるかもしれません。

彼の将来を祈るのみです。


2014-10-24 17:26:39 0 Comments

ガン治療の世界的権威の現在の日本の教育について

語った言葉の一部です。


日本の教育は『人を育てる』のではなく『人を甘やかす』ものになっています。『研究は楽しいですよ』と若手を誘うのではなく、『歯を食いしばって世の中のために研究しなさい』と、研究者としての使命感を持たせる教育が必要だと思います」


日経



学者の使命感は理解出来ますね。

それでは平凡な我々の使命感てなんでしょう?


2014-10-23 17:18:10 0 Comments

安倍政権の財のトラブルを書きましたが

新経産省(財)の大臣さんから、またもや

ボロが出てきたようです。

「財のトラブル」と表されるとき、

その範疇は計り知れませんが、起きることは

財のトラブルになります。

その人物の立場の大小で規模の違いが

あるだけのようです。さらに言うと

そのトラブルと同じ波長の人物しか

その地位につけない。これは日常起きていることで

たとえば、周りの人から、変わっていてダメな奴と

言われる人にしか好意をもてない人たち。等々です。

世界は同じ原理で動いています。

近々この辺りをまとめたものを発表したいと

思っています。









行く行かないは勝手ですが

よりによってSMバーとのお付き合いに

税金(政治活動費)を使っていたというのですから。

こんなあたりも自民党というより所属事務所の

職員たちのおごりですね。

完全な責任感の劣化です。

政治活動費は一般に公開されています。

常識で考えて政治家がSMバーに行って、

その領収書をもらい、計上しますか?

ただただ愚かの極みです。


2014-10-21 17:48:31 0 Comments

本日、教室の問い合わせがあり受付のものが

詳細がわかりにくいと電話を切られたとの

報告がありました。

困ったものです。

まず、電話は鑑定依頼および電話鑑定専用の

もので、基本的に教室の問い合わせはメールで

お願いいたします。

ホームページにあるように電話の場合、

推命に関する質問等有料とさせていただいています。

質問の内容によっては答えられるものと

答えられないものもあることをご承知ください。

これは過去に質問ですと言いながら

粘って私に鑑定をさせたツワモノが何人か

いたことによるものです。

せびる、ねだるの典型で被ボランティア型の

理想主義者の方達です。

つぎに、なぜメールで問い合わせをお願いしているのか

というと、文章を書くことによって

一度ご自分の気持ちの整理をしてもらいたい

という意図があるのです。

思いつきでは推命術を身につけることは

できません。

ここの教室で誠実に学んでいただければ

必ず一流の鑑定士に仕上げてみせます。

ときどきいるのですが、泰山流の看板で

一稼ぎしようなどというのであれば

保証しますが学業は続きません。

不思議なもので、そのような方たちは

自然に消えていきます。

最近思うのですが、死ぬほどの涙を流してきたか

必死で生きようとしている人にのみ

この門は開かれているように思えて仕方ありません。

多くの四柱推命の門があり個々がその門を選択しています。

教える側も生徒を選択するべきなのかもしれません。

個人講義については希望者には面接を行います。

お金はいりません。そのかわりお断りすることが

あることをご了承ください。

お金を払えばなんでも手に入るというバブル時代の

濁った考えをそろそろ捨てなければ、

日本人の心の劣化は止まりません。

教室形式に関してはグループでお申し込みください

3人以上からお受けいたします。

(グループ面接をしてからの開始になります。)



いろいろ書いてきましたが、ものすごく敷居の高い

教室の感がでてきました。だいぶ気難しい先生だろうと

みなさん思われるかもしれません。

本当かどうかは面接の時にわかります。

個人教授についての詳細はルールを守っていただければ

いつでもお答えいたします。

ルール違反、無礼、お客ズラすることは

ご遠慮ください。

(わざわざ言いたくないのですが、このことは日本人の美徳でもあり、社会人の最低のマナーだと私などは思うのですが........。足りていないように感じます。)


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2014 年 10月 »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

アーカイブ

全て
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ