2018/04:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2018-04-27 17:20:25 0 Comments

メシハラ

時々聞く話です。

暖かい食卓。

当たり前のようですが、冷え始めた夫婦には、

針の筵(むしろ)です。

そうなるる前に、対処しましょうね。

大抵の原因は期待と甘えです。

現実を見れば耐えねばならないことが山ほどあるのに、

うつつの夢を見てしまう。

「その隙間」を怒りで発散してはいけません。

それを受けとめてくれる人などいません。

もし、逆の立場なら、あなたは自分の「それ」を

受け止められますか?

無理です。


2018-04-20 17:40:05 0 Comments

世の中どうなっていくんでしょうか?

権力者の名を出してゴリ押しした、

おっかないおじさんについては何も言わず、

クレームに負けた公務員を吊るし上げ、

権力者の首を取りかけていると鼻息の荒い

公選の輩達。

世の中に横行している、でかい声で恫喝し

相手を思うようにしようとする

そりゃあ、野党の皆さん、そのままの姿ですから、

対策を練るなんて無理だと思うのですが、

ほっとけば、さらに酷いことになると思います。

今、日本中で、こんな連中がのさばり始めています。

「切れる」ことを「是」とする時代になってしまいましたね。

忍耐、遠慮、思いやり、

「絆」が世間を席巻した後に消えかけている言葉です。


2018-04-16 16:51:51 0 Comments

幕末の有名人に焦点を当ててコラムの方で

元命式を見ていますが、「運勢」だけで名を残した人は

いません。

あまり好きではないのですが、格付けをすれば

中から下の人たちが実に多いのです。

強い思いを持ち、スクラムを組み、実行し、

玉と砕けた人たちの志を背負い、結果

名を残したということだと私は思います。



もし、運の良し悪しで悩み、人生を投げている

人がいたとしたら、彼らの星をもう一度

じっくりと、飽きるまで見てください。

彼らの励ましの思いが伝わってくると思います。


2018-04-04 18:16:03 0 Comments

少しづつ元命式に解説をつけているのですが、

やはり面白いですね。

時代が違うだけで、その人の生き様と星の動きとの

リンクは変わりません。

教室の生徒さんは、現状の実力を試す良い機会です。

明治時代をの礎を築いた方達の鑑定に挑戦してみてください。


2018-04-01 15:08:43 0 Comments

つらつらと幕末の人々の元命式を調べていますが、

なかなか、どうして、面白い。

幕府系はプライドの星が強く、

尊皇攘夷派は保身が強い傾向にあるようです。

保身というと悪く聞こえますが、自分たちの国を守ろう、

誰かが守らなければ、他国に食われるかもしれないという

恐怖心からなる、文字通りの、

命をかけての生存競争のようなものです。

15代将軍 徳川慶喜公

これもまたこの時代に生まれるべくして生まれ、

最後の将軍になるべくして将軍になったかたです。

14代家茂さんのままだったら、日本は二分化し江戸は

火の海になっていたかもしれません。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2018 年 04月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ