2018/10:ブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2018-10-30 22:19:31 0 Comments

徴用工裁判について韓国の最高裁の判断が下されました。

韓国の流れに関しては命式研究で書いたとおりです。

それにしても、この流れに歯止めをかける賢人達は

いないのでしょうか?


2018-10-29 22:50:59 0 Comments

10月31日、ハロウインとのこと。

先週末は武蔵小山商店街も、

仮装した子供達がアーケードを練り歩いていました。

本当にここ数年間の風景で、何がきっかけで流行ったのかを

調べてみると諸説噴飯で、最有力説が、

東京デイズニーランドで2000年ごろから始まった

「ディズニー・ハロウィーン」仮装イベントが最有力なのだそうです。

(アニメフェスのコスプレイベントに目をつけた連中がベースになって、

ドンキあたりが家族(低)価格コスプレ商品を仕掛けたように思えるのですが。)


時々洋画で、おしゃれな都会のオフィスの

ハロインパーテイーの場面が出てきますが、

日本でもやってる所があるらしいとのこと。

なんとなくバブリーな匂いがしてしまいます。

このレベルが日本経済のピークなのかもしれません。

とりあえず新卒の就職は順調なようですが、

甘えて、奢って、自ら潰れている企業が目立ちます。

手抜きの仕事は命取りになりそうです。

SNSにより隠し事は厳しくなっています。

不良品を流通させて技術大国じゃ、

しょうがありません。

ハロインはケルトのドルイド信仰によると10月31日は

日本で言うところの大晦日とお盆にあたり、

あの世とこの世の門が開く時なだそうです。


ケルトといえばケルテックウーマンですね。



ドルイドによれば、この日あたりから本格的な冬が来ると言うことでしょうか。

風邪をひかないようにご注意ください。


2018-10-19 12:57:16 0 Comments

沖縄の不倫の疑惑のある議員さんの命式と解説を

原命式の研究に挙げておきました。

マスコミがたくさん報じてくれているので

不倫の命式の研究資料には事欠きませんね。

ハイスペック強姦男子の生年月日も晒されていたので、

挙げてあります。





「命式研究」のパスワードが変更されています。

現役の生徒さんはお問い合わせください。


2018-10-17 18:21:17 0 Comments

昨日のウルグアイ戦、面白かったですね。

サッカー界は前途洋々かもしれません。

でも、BBCニュースなどを見ていると、

世界はさらに混沌とし始めているようです。

その混沌を回避するために中国では

こんなことが行われています。

BBC

(動画なので写真の左下をクリックしてください。)

実際見るとすごいですね。

そのうち、世界各国にこのシステムを輸出するんでしょうね。

「安全管理」と「監視」は紙一重だと、「相棒」等、

時々、ちょっと社会派的なドラマでは、よくテーマにされるものですね。

古くはジョージ・オーウェルの「1984年」、近年では「未来世紀ブラジル」

など、当局から目をつけられたら、人生が終わる世界が描かれていました。

だからなんだ?なんですが、気持ちよくはありませんね。


ところで、こんな与太話も書いていますが、

原命式の研究の方に、いくつか命式を挙げておきました。

生徒さんは、しっかり勉強してください。

実践に勝る学習はありません。


2018-10-10 22:30:14 0 Comments

海底探査船ちきゅうが南海トラフを調査するために出航したと記事がありました。

えー、と個人的にはめちゃくちゃ驚いたのですが、この船

東北大震災の際宮城県沖の調査をしていた船で、

ネットのネガテイブ情報ではなにがしかの刺激をプレートに与えた結果の、

あの地震。という噂がある船なのです。

来年にかけて「平成」が終わる、言ってしまえば、

この国にとっての世紀末のようなものです。

それに、国のお抱え地震学者達(予測はそもそも不可能だと宣言した連中です)が、

遥か昔から、彼らが大地震を主張し続けている、

南海トラフ(東海地方沖)の岩盤を削るというのですから、

実に、嫌な、ろくでもないことを考えてしまいます、


2018-10-09 23:23:32 0 Comments

昨日の今日で、なんですが、

今日は小学生の部を見返しました。

よっぽど暇か?と問われれば、

そうかも.....。と答えるしかありません。

そんな私に付き合っていた、家のものが一言、

「giftsの下弦の月、どう言う意味なんだろう?」

「そりゃ、下弦の月が満月に変わることを言っているのさ。」

と私。

「でも、下弦の月って進むと新月よ。満月になるのは上弦の月でしょ。」

「.................。そうだっけ?」と私。





そんなん、こんなんがあって、

小学生の部の録画を見ながら、

焼酎を飲みつつ、「上弦の月が満月か.......」と

小学生の頃、理科、苦手だったよなと、

一人嘯き寝ることにします。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2018 年 10月 »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

アーカイブ

全て
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ