2011/03/20:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-03-20 22:17:27 0 Comments

先日、この震災に乗じてキリスト教と名乗る女性が戸別訪問で

我が家にやってきました。

自分的にはめずらしく声を荒げて追い返しましたが

その後やりきれない気持ちにさせられました。

本人は善意かもしれないが、なんて愚かで、馬鹿者なのか

信仰程度で、地震が止められるのなら、

キリストは今も生きているはずだし

あれほど平和を望んだジョンレノンも

良いおじいさんになっていたはずです

信仰は生死を別ける基準にはなりません

良い悪いは別にして死に臨んだ時

あの世を信じて、じょうずに「生」を諦められる

ただそれだけです。

なぜ日本のキリスト教徒は少年愛や

信者の寡婦に耽溺する神父に見て見ぬ振りをし、

狂った原罪を説く、隣国の亜流のキリスト教を信じ続けるのか

イスラムの民はキリスト者の何倍も祈り、

戒律を守り質素に暮らしているのに

現実は殺し合いをオンタイムで繰り広げています

一度、自分の中から宗教を消した時、そこに何が残るのかを

真剣に考えて欲しい。

布教で人が救われるのか?自分は救われるのか?

現実には、宗教で救われていない自分がいるからこそ

宗教の名の下に殉じているのではないのか。

両親を失ったり、愛する人を失った人が絶望をかかえ

おのれの価値はテロであり、それで仲間が救われると

洗脳された者が自爆テロに臨んでいることを

なぜ気付いてあげないのか。

かつてのオームの暴挙と

根っこは同じ所にあります。

自分の良心を、目の前にある、

居心地が良さそうな「主義」にすり替えた事

魂を宗教(主義)に売ったという話です。


個人の中で宗教に生き、自分の生きる拠り所として

宗教に生きる人は、自分にとって必要なのだから

誰からも文句を言われる筋合いはないと思いますが

自分の思想を他人に押し付けるのは、共産主義と同じです。

どれだけ、この主義というやつで、人の命が削られてきたかは

旧ソ連や文革時の中国共産党の歴史をひもとけば自明の理です

同じ思想の者だけが仲間で、後はそれ以外の物にされてしまう

日本でも某共産党脱退者、某宗教教団脱退者が、

もと仲間からいじめられ続けている現実に対し、

彼等の代表はなんと言い訳するのか。

現実は、人の良い信者さん達の思っているものとは違います

差別であり、逆差別がその本当の姿です。

それが「主義」の正体です。

内に主義主張を秘めるのは、とても素敵な事ですが

他人にそれを説くことは、天につばを吐く事と同じである事を

しっかり認識して下さい

同志を求めたいのならば、同志が自然に集まるように

自分自身を磨けば良いし、誰からも支持されない者が

宗教の威を借りてお仲間を作る。

これはチャンチャラおかしなことで、

愚の骨頂以外の何ものでもありません

あらゆる日本人が地震の被害に心傷め、苦しんでいる時

それにつけ込んで自分のクダラナイ主義を押し付けに来る

つけ込み商法まがいの布教には断じてNOを言うべきだし

そのような人を私は心から軽蔑します。

肚の虫が収まらないので怒りに任せて書いた文ですが

皆様も気をつけ下さい。


2011-03-20 14:35:10 0 Comments

これから数限りない今回の大災害の数的情報

映像が出て来ると思います。

英語の出来る人はそれを訳して、海外のネットワークに

流して下さい。

日本に起きた事を見てもなお、

人を殺そうとするのか?

その愚かさを訴えて下さい。

一瞬で消える命を愛おしまなくて、なぜ国のため

家族のためと言えるのか。

これは国のリーダーこそが考えなければならない事です。

大義を言って、多少の犠牲を厭わない文化がありますが

地球のくしゃみには、大義も正義も関係ない。

それなのに、人間同士が殺しあってどうするのか。

本当の意味での神(自然)を畏れる事

その前では無力である事。

命は、はかなく、いつ消えるともわからないこと

だからこそ、命をいとおしむこと。

具体的なメッセージをつけて世界に伝えて下さい。





事実を事実として伝える事です。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 03月 »
27 28 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ