ブログ

[ 戻る ]

2018年

2017-12-17 12:46:13 0 Comments

先日、教室の生徒さんから近隣某国の若き指導者の

最新の誕生日を教えていただきました。

それまでは1982、83、84、の三説あり、日本では

元料理番の主張により83年生まれとされてきたのですが

2015年お隣の政府が正式に

1984年生まれとの見解を示したとのこと。

その命式を見せていただいたのですが、なかなか、何とも、

この通りなら、困ったちゃんの、ほど加減に納得が行くのです。

さらに、面白いことに、周辺諸国の偉い人たちの命式を合わせると、

何だかなーという気分にさせられてしまう。

ことしは不倫に始まり、不倫に終わるような年でしたが、

来年はマスコミが周知の事実を隠せなくなるような、

結構な出来事が始まる年になるかもしれません。

世界平和だ愛は世界を救うなどという、何となくの祈りではなく、

ただただ、問題を解決するための、最善の方法を、

政治家のえらい方々が果敢に選択してくれることを祈るのみです。





だいぶ前から書いているように

神社さんでの揉め事が後を経ちません。

昔から神力で多少の力をつけたものは

道を違えやすくなり、その姿を「天狗」というのですが、

神力が「集金力」の場合は、お金に愛されてしまったも者の

成れの果ての姿ということでしょう。

その場合、氏子の方々は、その信仰する神様に

是非とも、その問題が解決するよう祈願してください。

できるだけ具体的に祈願することです。

このような場合こそ、神頼みをしないといけません。

神様に御神威が残っている神社さんでは必ず験が顕れると思います。

ただ、神社さんばかりに清浄潔斎を望むのではなく、

祈願が叶うまでは信者さんも厳しく自分を戒める必要があります。

人も、神も欲によってこの世に存在しています。

神の欲は御神威を純粋に高めることですが、

人の欲には際限がありません。

はるかに人の方が恐ろしい存在です。





まあ、いろいろ書いてしまいましたが、

人生は悪いことばかりではありません。

こんな世の中だからこそスマイルスマイル


「スマイル」はナットキングコールもいいのですが、私はマイケルジャクソンの方が好きです。何だろう、心が洗われ、自然と涙が流れてくる。カムイとでも叫びましょうか、音楽の不思議な力ですね。


カレンダー

« 2021 年 11月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ