ブログ

[ 戻る ]

前回に引き続き

2014-02-11 00:06:39 0 Comments

少し冷静になって、いったいどの例題が

そうだったの?と自分に問うてみたのですが、

100ページにある「月末までの自分(菊池先生)の気分はいかにの占」

この占題をみてはっきりと、そう思ったんだということがわかりました。

占いは絶対で、動かないというのが

このような占を求める人の特徴です。

運勢を変える努力を放棄してはいないのでしょうが

(そのような未来を開く占例もなかにはあります。)

術者かそれを言ったら、依頼者はどうすればいいのでしょうか?



きっかけさえあれば、人は変化し、違う動きができることを

あまり意識していなかったのかもしれません。

それを易では変易というのですが、本当に残念です。

運勢鑑定にも、まったく同じことが言えて

鑑定がその通りになることばかりに力をいれて

変える努力をしさえすれば変えられることを

依頼者に言わない方が多く、逆に

それを言われると依頼者のかたも

優柔不断の鑑定だと文句を言いふらすことが

多々あります。

これは、どっちもどっちですが、

運勢は固定しているものではないことを

それぞれが自覚できれば起きない問題です。

「運は創造できる」この言葉を本当に肝に銘じて欲しいものです。

でも、いいですか、生活保護を受けていたものに

ある日突然白馬の王子様がきて安楽な生活が

やってくることはありません。

でも、自活しようと奮(ふるい)たち

自分の力で生計を立てようと人前に立つことを始めたならば

その姿を見てくれる人は必ず出てきます。

そうして初めて出会いのチャンスは生まれてくる。

一人孤独な人生を送るような運勢であっても

そうならないチャンスは必ずある。

もがくこと、そしてチャンスを自らが生み出すことです。

今月の自分の運勢は?

それを言っているうちは、どうにもなりません。




嗚呼..........、同学の先達に申し訳ない気持ちで

いっぱいなのですが、人生に対する認識が

あまりにも私とは違うものですから、不遜な後輩の

繰り言として許していただきたく筆を置きます。

すいません。


カレンダー

« 2021 年 11月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ