ブログ

[ 戻る ]

堺市の幼児虐待

2010-09-30 00:16:53 0 Comments

堺市で1歳6ヶ月の子供が母親の交際相手から虐待を受けて死亡した事件で被告のナマの声が裁判から聞こえてきました。「最初は可愛くて自分の子供のように思っていたが、育児と家事がストレスになり、彼女(子供の母親)と喧嘩するようになると気持ちが離れた。就職先も見つかり、彼女の家も出るのでどうでもいいと思った」と供述したそうです。また、解剖した医師は亡くなった子供さんは重度の低栄養状態だったと証言しました。母親は見ていたし、彼の暴行を知っていたということです。しかし捕まるまで彼女は彼の存在を隠し、守っていました。

彼に対する愛はどうしようもなく深く、子供への愛に勝ってしまった。どこにも救いがありません。

占い知恵袋などでもシングルマザーの恋愛相談がありますが、色々な意見があるでしょうが、もしも自分の子供が守れないなら、恋愛はするべきではないと私は思います。
この彼の言葉をもう一度読んで下さい。子供を育てた事がある人なら判る事ですが、1歳6ヶ月の子は、まだ、パパ、ママ、マンマ程度で後は、ただ、泣くだけです。やっと歩き出し、不快な時はむずかり、後は寝ています。ただ、泣くのが気に食わないといって、ミルクや離乳食を与えなかったのでしょう。育児、家事のストレスとありますから、母親に働かせて、育メンを気取っていたのかもしれません。でも、就職先が決まったら、それも面倒になったと正直に述べています。相手を選ばなければ、こうゆう事にしかなりません。生活を共にするということは責任を分担する事です。「責任をとること」これは何度も何度も色々な所で書いてきました。もし、これから生活を共にするパートナーを選ぶのであれば、責任を取れる人だけを選んで下さい。シングルマザーならなおさらです。自分の幸せを求める事は誰も否定できないし、積極的に求めるべきですが、成人するまでは何があっても、親子は一心同体です。なぜなら、子供は一人では生きて行けないからです。自炊し、一人で生きている2歳児は世の中にはいません。


カレンダー

« 2021 年 11月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ