ブログ

[ 戻る ]

2015-11-03 07:34:57 0 Comments

最近教室の生徒さんによく話すのですが、

幸せになるのは簡単です。

ただ、利他心で、あらゆる人とお付き合いすればいいのです。

(これを無償の愛と、どこかの宗教では言っていたと思うのですが)

でも、残念ながら、あらゆる人は心の中で、

必ずその見返りを求めてしまい、その見返りがあったとしても、

それを他人の見返りと比べて苦しむようにできている。

そのような生き物のようですね。

見返りを意識した時点で幸福は手の中からこぼれ落ちてしまう。

それでは幸せな人など世の中に、いないではないのかとなるのですが、

元命式の良い人とはこれを自分が前進するためのエネルギーに

変え、普通の命式の人は相手を責めるエネルギーに変えている。

そして、無くした幸福を探し続け同じことの繰り返しを

延々と成しているというのが現実に隠された私たちの姿の一部です。


過去は変えられないと皆言いますが、「未来」は今を変えなければ

変わらない。それでは過去は何によって生じてきたかというと

持って生まれた運勢に操られた選択の結果の積み重ねによって

この瞬間も生じ続け、未来を縛っている。

「過去に縛られ続ける未来」

これも、見たくもない現実の姿の一部ですね。

知的な人たちは、このことを自覚し、

「人生に目標を持つ」ことで、過去からの縛りを

未来からの縛りに変えて、運勢を打破してきました。

つまり、運勢というのは絶対的なものではなく、その縛りを

解いてしまえば、変えられるものなのです。

ただ、尋常ならざる努力が必要になってくる。

遊んで暮らして偉人になった人は皆無であることは

誰もが知っていることですね。


凡人である我々にとって運勢を変える方法は

自分の運勢を自覚し、過去の縛りからくる癖を

少しづつ直していくことが最も安易な方法です。

それでも努力は伴います。

感情の起伏の激しい人には厳しいことかもしれません。




ブログを更新しないと、また誰かと喧嘩したんですかと

生徒さんに心配されるので最近の私の気づきのようなものを

書いておきます。


カレンダー

« 2024 年 06月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2024 06月 (5)
2024 04月 (3)
2024 03月 (2)
2024 02月 (3)
2024 01月 (4)
2023 12月 (6)
2023 11月 (4)
2023 10月 (5)
2023 09月 (11)
2023 08月 (6)
2022 09月 (3)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ