ブログ

[ 戻る ]

ムカつく

2017-07-24 09:46:42 0 Comments

「ムカつく」という言の葉の、うらはらの意味のおもしろさ。

ムカついている、お子ちゃま代議士先生たちの言動や

それに反応する

若者たちの姿を見て、面白いなーと思う反面

日本の未来は大丈夫かと、うすら寒くなる今日この頃。

「ムカつく」の意味をウェッブの辞書で調べると

辞書

不愉快なことを受けて気分を害する、

雰囲気や人の態度に不快な印象を持つ等

書かれています。

そこで、誰が不愉快になるの?と問う時、

もちろん、その場にいる「自分」となるのですが、

じゃ、どうすればムカつかないの?と問えば、

「?」となるのではないのでしょうか。

「あんた、ムカつくのよ」

「どうすればよかったんだよ」

「自分で考えなさいよ」

「?」「わからないから聞いてんだろ。」

「私だってわからないわよ、バカ。」

「バカとは何だ、バカ」

なにやら落語のような会話ですが、

要は、もっと自分に忖度(そんたく)してくれ。

と暗々裏に心の声が発したものが「ムカつく」と言う

言葉なのだと、私は思います。


自分のために、不愉快ないならないよう、もっと言葉を選んで、

機会を読んで、気持ちよく、話をしなさい。ということなのですね。

嗚呼、なんて面白いんだと私が思ったのはこのあたりに関してで、

どんだけ、自分が可愛いんだよということです。

どんなに自分が嫌いという人でも、必ず、これをやってます。

自分が本当に嫌いな人は、怒りません。

自分を守ろうとする心があるからこその怒りです。

皆が皆、自分に対する忖度を自然に求めているというのが

この世の中です。

でも、上司にはムカつくし、同僚のあいつにもムカつくし、

どうすればいいのさ?とムカつき癖のある人は言うのですが、

今、答えを言ったでしょ。

「あなたは、そんなに忖度されなければダメなの?」と。

「え?」

もし、怒りの原因が理不尽なことなら戦うことを勧めますが、

原因が自分にあって、仕事に好き嫌いをしたり、

目上に生意気だったり、態度が悪かったり、

能力のなさを努力で補おうともしない、忍耐がなく、

文句ばかり言い、怠惰であるならば、悪いのは間違いなく、

あなた自身です。

あなた自身の周りに対する忖度のなさが原因です。

素行の悪さを運勢のせいにしてはいけません。

逆に言えば、運が悪かろうが日頃の素行が良ければ、

人に愛され、出世もできるのですよ。

運任せの人生は不毛です。

運は自分で造るものです。

「少年よ大志を抱け」と言われてきましたが、

大志を抱くことが苦手だと言う人は。

人生の目標の順番としては、まずは

贅沢しなければ衣食住が確保できる

生活力を身につけること。

次に家族を持つことを目標にし、

その次は次の世代に対する責任を果たす生き方を考えることでしょうか。

たたき台にもならない提案ですが、

いきている価値が見出せないと言う人

なにもないと言う人にとっては参考になるかもしれません。



他人からの忖度を求めるのであれば、まず自分が忖度しないと。

これを読んで多少ムカつく人もいると思いますが、

それはそれで私の責任です。受け取ります。


学生さんたちは夏休みに入りましたね。

暇している学生さんが読んでくれるといいのですが。

バイトだ免許だと忙しいか。

たくさん恋をし、悩んで、人間に対する視野を広げ、

大人になってください。


カレンダー

« 2021 年 11月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ