2024/01:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2024-01-30 18:40:12 0 Comments

NHKの料理番組に曹洞宗のお坊様が写り

三心

「喜心」の先に「老心」「大心」と先があるとのこと

毎日「老」いてきていますが「心」がつけば父母の心とのこと

そうなれれば良いのですが。


2024-01-29 21:58:54 0 Comments

この曲は男性女性に関わらず沢山の歌手の方が歌う素敵な歌です。

蘇州夜曲

京都慕情

懐かしい青春時代の一片の詩です。

そして、例外なく人は生老病死の生の循環の中にあり

命は永遠に続く。そういうことなんでしょう。

ならば、この一瞬を大事に生きることが自分を大事にすることなのでしょう。

大事にされたいし、大事にしたい。

心の核の姿であり他人には見せたくない姿です。

けれども、少しだけ窓を開ければ、少しだけ幸せになれます。

それを受け止めてくれる人が見つかれば、さらに幸せは増します。


2024-01-29 21:37:00 0 Comments

「四月になれば彼女は」

サイモンとガーファンクルの近況の映像がYouTubeにありました。

子供の頃最初に買ったLPが確かS &Gだったような気がしています。

生老病死の生の循環。老い死がそこにある。

本当に潔い瞬間だと思います。素敵です。カッコいいな。

若かりし日の彼らの姿「四月になれば彼女は」


2024-01-14 10:16:54 0 Comments

世界の流れの中心はやはりアメリカでしょう。

アメリカ株が安定していると安心していますが

過去最大の危機状況にあるとも言われています。

人権擁護

集英社オンライン

「罪」にはなるが捕まることはないというのが現状のようです。

今朝テレビを見ていたらトランプが大統領になるなど、とんでもないとの

コメンテーターの言葉。

トランプの保守党からバイデン大統領の民主党に変わり、

アメリカは完全に壊れ始めたというのが、現地の方達の共通認識なようです。

トランプ元大統領がその「分断」始めたとマスコミは報道しますが

結果を見れば、行き過ぎた人権主義、正義を振りかざし、支援金で

潤う民主団体。行き場のない若者がその先方になっている。

彼らを使い恣意行為で商売をする賢い人たち。

どこかの高級ホテルで王様生活をしている過激派のリーダー達と変わりません。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2024 年 01月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

アーカイブ

全て
2024 03月 (1)
2024 02月 (3)
2024 01月 (4)
2023 12月 (6)
2023 11月 (4)
2023 10月 (5)
2023 09月 (11)
2023 08月 (6)
2022 09月 (3)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ