ブログ

[ 戻る ]

円と元

2012-05-29 12:54:20 0 Comments

円と元の直接取引を上海と東京で行うことになったと

ニュースで報道していたのを受けて易を出してみました

地雷復の不変 周易では一陽来復のけとしているもので

盛運になる兆しの時期だから慎重に行動すると見ます

これを断易でみると六合卦で両国が

お互い納得して合意したと見るのですが

その力関係は、あからさまに日本が下になっています。

土下座に近い形での締結だったのかもしれません

担当者が臥薪嘗胆の気概を持っていてくれればと思うのですが

どうも、違うようです。

相手国に媚を売っている政治家 官僚がいるとも

出ています。相手の利益のために働く人。

(まあ、易の世界のことで事実がこの通りとは

断言出来ません。フィクションとしての話しです。)

第二爻の官鬼の暗動とそこに伏蔵する利権を表す父母を

暗々裏に活動する政治家 官僚としその肚のそこは利権

それが第五爻の妻財亥と合しています。

第五爻は卦の中心です

この財は月破と同時に日支の寅と合しているので

実質的は午月からという応期を伝えているのだと思います

我が国を表す世爻には白虎妻財がついていて

お金に飢えている猛獣の状態です

この姿には、なんとも言えません。

ちなみに

相手の姿を表す応爻には兄弟がついていて

決して実体経済が豊かだとは言えません。

当面はよく見えても

あらゆる意味での本質的な問題の解決を

皆が考えなければ、遠からず行き詰まるかもしれません。

先ずは卑屈に妥協するのではなく、

お互いが五分と五分で話し合うということでしょうか。



易は同じ卦を使いで世界の動きも男女のもつれも

経済も見て行きます。

それをどのように解釈するかが腕の違いと言う所でしょうか

人間的な基礎力が問われる占いです。


カレンダー

« 2024 年 07月 »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

アーカイブ

全て
2024 07月 (10)
2024 06月 (8)
2024 04月 (3)
2024 03月 (2)
2024 02月 (3)
2024 01月 (4)
2023 12月 (6)
2023 11月 (4)
2023 10月 (5)
2023 09月 (11)
2023 08月 (6)
2022 09月 (3)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ