ブログ

[ 戻る ]

はらふくるるおもい

2014-01-24 22:15:51 0 Comments

「おぼしきこと言わぬは腹ふくるるわざなり」

高校生のころ「徒然草」で習った兼好法師の言葉ですね

この兼好法師というひとは面白い人で

調べていくと、卜部氏の出自で卜部氏は古代より

卜占を司る神祇官の神職の家柄だそうです。

そんなことはどうでもいいのですが、

最近どうも、私自身はらふくるることが多く

言っていいものなのか、どうなのか悩みが尽きません

教室では、なんとなくしゃべってしまっているのですが

その価値に気付いてくれているのかどうか.........。

順番や五行の象徴としてし、ただの記号として

干支を見てしまうと、それの持つ奥深さには

一生気づかずに終わってしまいます

既存の専門書を読んでみても、あまりこのことに

触れているものはありません

たいていは「説文解字」あたりの解説で

お茶を濁しています。そして通変星と各局法に

重きを置き、奥義としている。

また、これに特別な外格を当てはめ

さらに、可能性を広げている流派もあります。

(おかかえ占い師がオーナーのご機嫌を伺うために

一生懸命あみだした売占術のようなものまで、まことしやかに

古典として残っているのが現状ですね。)

このあたりのことを四柱推命ではありませんが

断易の中興の祖といわれる九鬼盛隆先生などは

激しく論じております。

でも、人気はある。

嘘っぱちなのに、なんで?と

思うのですが、わりと答えは単純で

「人は夢を見たいから。」

がその答えになります。

「人生どうせ苦しいんだから、

せめて夢ぐらい見せて!」

これが多分、正答でしょう。

そのように、流行っている占いは

編まれています。

流行るには流行る理由がある。

「占いは生きる勇気を与えるためにある」と、

とある有名な宗教家の先生が言っていました。

その方は、あらゆる占いを身につけたと豪語していましたが

晩年のありかたは元命式通りでした。

もし、あえて運命通りの生き方を選んだのであれば

立派なかたですが、もし元命式すら読めず、

自己流の鑑定に准じたのであれば

愚かな悲喜劇です。

実際、このような実例が多い。

「紺屋の白袴」「易者の身の上知らず」という故事があります

現実と即する本物の鑑定を是非とも身につけたいですね。

(本物の鑑定には必ず、改善法が備わっているというのが私の習った流派の教えですが、鑑定しっぱなしも罪が深いのかもしれませんね。)


カレンダー

« 2022 年 01月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ