ブログ

[ 戻る ]

ゴジラ そして蒲田

2016-08-19 15:55:03 0 Comments

昨日久しぶりに渋谷で映画を見てきました。

「シン ゴジラ」

ものすごく、たくさん、見たことのある俳優さんが出ていて

なんとも豪華な作品でした。

石原さとみちゃんの唇、相変わらず

ピッカピカに光っていましたね。

懐かしい人の顔も結構たくさん見ましたよ。

そうそう社民党の横光さんも閣僚の

なんとかの役で出ていましたね。

野村萬斎の名前がエンドロールにあり、

どこにでていた?と訝んでいたら

グッドタイミングで今朝わかりました。なんと、ゴジラの動きを

演じていたんだそうです。

モーションキャプチャーでの参加とのこと

ググって見ると7月29日にすでにこの記事があり、

物知らずでごめんなさいですね。

まあしかし、今回のゴジラで個人的に特質すべきことは、

なんと多摩川から呑川を遡上し蒲田へ。

オー。アイツの仕事場じゃ。奴は大丈夫か?

と実に身近な場所が被害にあってしまったのです。

これには驚いた。

そして、大変申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまった。

東北大震災の折、東京も放射能汚染でかなり緊迫し

それなりの緊張感を持って過ごしていたのですが、

知人や、何らかの関係がある町が壊されていくのと

全く縁のない町が壊れていくのとでは、受ける感情に

こんなにも差があるのかと思い知らされました。

いわゆる、「他所」「よそ者」には共感しづらい。

すごく難しいことです。

共感できないことには興味が持てない。

想像力の欠如と言われれば仕方ありませんが、これが道理です。

震災の時、どこかの国のバカどもが我々を侮辱していましたが、

奴らにとっては対岸の火事だもの、しょうがない。

誰もが「日本人」という誇りと絆に身を置き、

共感し、できることをしたというのがあの頃の状況でしたね。

それでも、足りなかったことに気づかされてしまった。

映画の中で知り合いの町がゴジラに壊され、

それに腹を立て、今度は自分に腹をたている。

なんてことでしょう。

まだまだです。


カレンダー

« 2022 年 01月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ