ブログ

[ 戻る ]

台風 リオ 雨 そして東京

2016-08-22 18:17:25 0 Comments

台風で酷いことになってます。

まさか原宿駅で倒木に、土砂災害とは。

明治神宮が崩れるとは夢にも思いませんでした。

想像すらできないことが起きる。

そしてオリンピックのリオも雨だったなんて、

雨の共鳴現象でしょうかね。

そこで、疑問です。

なぜ、ドラえもんは「どこでもドア」を

出さずに、リスクの伴うドリルを出したのでしょうか。



いやいやいや、そんなことより、演出、椎名林檎って

言ってましたよね。調べると次回の開催国に引き継ぐ式を

フラッグハンドオーバーセレモニーというらしいんですが、

セレモニー

こんな感じで始まったようですね。

そうそう、なんで、これ書こうと思ったかというと、

聖火を雨で消す演出にびっくりしたからですよ。

ありえん。と、思いきや、そのあと、グリーンのネットが

ゆっくりと上り、だんだんと、それが緑の木々なんだと、

理解できると、ちょっと感動し、ウルっときました。

命は繋がれ続けるんですね。

印象に今でも残る北京オリンピックで、

戦いを示す巨大な太鼓集団の陣触れから始まり

地球を征服するかのように、巨大な球体の上を走り抜ける

男性の姿、そして巨大な足跡のCGがスタジアムに向かう中

ありとあらゆるものを踏み潰すその姿に、こいつら、

「鷹の爪団」と一緒だなと内心おぞけを振るいながらも、

すげーと見ていた記憶があります。

あれから、8年、まさに、かの国はそんな感じで

膨れ上がってきている。

じゃ、ブラジルは?その前にロンドンは?

ロンドンは、女王さまの国、誰の言うことも

聞く義務がないとユーロからの離脱を宣言中ですね。

なんせ、ジェームズボンドとスカイダイビングするくらい

お元気ですから。

ブラジルは?

多分、ダメでしょう。火に水をかけたら、

何も生まれない。「もののけ姫」で、たたら場の

女の子が言ってたでしょ。

三日三晩踏み抜かないと、鉄がナマクラになっちまうからねと。

積み上げた苦労が水に流されてしまう。

食べごろになったバーベキューの時の

大雨と言えば分かりやすいか。

これは命の継承とは別の話で、人の努力の結晶が

無になってしまうという意味です。


東京オリンピックまであと4年

動乱するこの世界が少しでも落ち着いて

平和の祭典が無事に開催されることを

心から願いますね。


カレンダー

« 2022 年 01月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ