ブログ

[ 戻る ]

面白く無い話

2019-03-26 10:33:15 0 Comments

面白く無い記事を見つけました。

面白く無いのですが、イデオロギー好きの人には

たまらない、ある意味理想郷の姿です。

現代ビジネス

チベットもモンゴルも、このようになりつつあるようです。

ここ数年チベットの若いお坊さんの焼身自殺による

中国政府に対する抗議が絶えないそうですが、

「命をかけて訴える」のは命がけに心を打たれる人にだけ通じるロマンです。

かつて南ベトナムにドラゴンレディーと飛ばれた

大統領顧問の妻がいて、この方は、当時、

抗議するお坊さんの焼身自殺を称して

「人間バーベキューなんて何よ。」と語ったそうです。

為政者側の心情なんて、こんなもんですよ。

日本もまた、かつての軍国主義時代、ウイグルと同じように

監視しあい(となり組)、怪しい奴らを告げ口し、

それを取り締まる特高警察などの権力群が支配していました。

どの国でも支配者のやることは同じです。

逆らう奴は徹底して排除する

今の中国があらゆる意味で、独裁権力の良い見本です。

ハードではハイテク監視機器を高度に発展させ、さらに

軍事力を高め、ソフトとして洗脳を主軸に支配を進めている。

選民主義等、ナチスによるゲルマン主義、反ユダヤに代表されるものですが、

日本もある意味未だに残っています。

それでも国のアイデンティティーとしての歴史教育は

しっかりされていると思います。だから日本は大丈夫です。

さらに、我が国の女流文学が生の天皇の姿を如実に

記述し生身の人間であることを証明しているので

くだらない神格化や幻想の対象にはなり得ない。

彼女達の成した仕事の重みが今の世にも及ぼしていることを

思うと、感謝しなければなりませんね。







昨夜以来平安の女子達に毒されているようです。

飲みすぎました。


カレンダー

« 2021 年 03月 »
28 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ