2012/10:ブログ

2 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2012-10-02 22:10:45 0 Comments

四柱推命を身近に知って頂くために少し頑張ってみようと思います。

それは、メールにて希望者の方に生まれたときから

80歳代までの運勢の大まかな流れと

人生の課題についての鑑定をしようというものです。

ご自分がどんな星を持って生まれたのか

何をする事がこの人生の課題なのかをお知らせいたします。

料金は2千円に抑え、より申し込みしやすい形で

行いたいと思います。

ただし、料金は前払いで、入金が確認出来た順に

お答えしたいと思っております。

申し込み方法はメール鑑定フォームから「人生鑑定希望」と

ご記入の上、入金予定日をお知らせ下さい。

入金確認後迅速に対応いたします。

振込先は料金の欄の一番下に記述がありますので、そちらの口座がありますのでお振り込み下さい。


2012-10-01 16:29:09 0 Comments

1月からの初級教室ですが、希望者にかぎり

初歩の初歩から学んで頂こうと思います

なぜ理解出来ないのか?

としばらく考えていたのですが

一つには五行に理解がないこと

もう一つは実生活に即しての五行の翻訳作業ができないこと

に理由があるようです。

また、直感型の人には推命術は向いていないようです。

これは、たとえば法律家を目指す人が六法全書の

条文だけを読めば、実際の法律業務に不自由しないだろうと

うそぶく姿に似ています。(もともとの私は、このようなタイプです)

しかし実際は、民法にしても刑法にしても、実際の裁判の判例と

事細かい規定と例外があり、一つ一つを丁寧に学ばなければ

実用には堪えられません。

推命の価値を認めない人にとっては

たかが推命、占いのたぐいですが、

実際はこのように、しっかりとした体系があるのです。

私などは九星術が占術の入門なので

五行に対する基本的な知識は推命を学ぶ頃には

ある程度身に付いていました。その上に力量論

通変星論 用神論が結びついたとき、

推命がとてもおもしろくなり始め、同時に

人に興味を持ち始めました

なぜ、この人はこのような発想をするのか?

この人は恋愛に苦しむのか?等々

個々の生年月日の中にその秘密が隠されていることを

確信し秘密を読み解く努力を続け今に至っています。

五行五気が万物を作っているなんてことは

だれも信じない事ですが、これが人の世を含めて

この世の器の性質のようです。

中国人の好きな大言壮語を使う華美さはまったくありませんが

実用には足り過ぎる程の応用力がある推命法です

希望のあるかたにはいつでも門戸を開いております。

また、ずぶの素人をにんずる方にも、基礎の基礎から

推命に興味が湧いて来るような教え方を心がけて行きます

古い格言ですが「ローマは一日にしてならず」ということだけは

意識して学びにきて下さい。


2 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2012 年 10月 »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ