2019/03/25:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2019-03-25 15:32:09 0 Comments

今日は講義の時間がずれたので、

ちょっと遠出をしてきました。運動不足も兼ねて、

徒歩で往復で約2時間、3キロほどのウエイトを背負って

8キロほどの行程を歩ってきました。

目的地は池上本門寺です。

天気は良かったのですが、風が冷たく、

コートを脱ぐにはもう少しかかりそうです。

馬込経由で歩いたのですが、馬込には

馬込文士村というのがあり

文人たちに愛された土地柄とのこと。

もうちょっと足を伸ばすと多摩川があり、

山王、田園調布と高級住宅街になるのですが、

この辺りも確かに、でかい家が多かった。

大きい家を持つのが夢という人もいますが、

「こんな大きな家、維持するのが大変でやんなっちゃう」と

言っていた知り合いが昔いました。

源氏物語の夕顔の巻に

「何処かさして」と思ほしなせば、玉の台(うてな)も同じことなり。

とあります。

恋の心も大きな家も諸行無常の響きの如し。が現実です。

話は飛びますが源氏物語なんか読んでいると、

通い婚の時代、男が通ってこなくなる恐怖に、

どう耐えたのか。尋常ではなかったと思います。

そういえば、更級日記って、

それだっけ?と調べてみると、蜻蛉日記の方でした。

更級日記を調べている最中、(例によってウイキペディアです。)

作中の「月も出でで闇にくれたる姨捨になにとて今宵たづね来つらむ」の歌が、『古今和歌集』の一首「わが心慰めかねつ更級や姨捨山に照る月を見て(雑歌上、よみ人しらず)」を本歌取りしていることに由来すると言われている。とあり、

「姥捨山」つい最近コラムに書いたぞ.........。とピンときて、

彼女達 我が国の女流文士の魁(さきがけ)に、

今晩は一献捧げたいと思います。

本題の池上本門寺ですが、面白いことに気づきました。

当たり前といえば当たり前なのですが神社仏閣の事務的な受付は

社務所だとばかり思っていたのですが、本門寺さんでは「寺務所」と

門に大書されていたのです(正確には石の門に刻まれていました。)

もう一つ、手水舎に「洗心」の二文字が刻まれていて、

親の墓が日蓮宗のお寺にあるので、ご縁かなとも思い、また

お参りぐらいはしようと罰当たりなことを言っている次第です。

なんでこんなことをとも思われるでしょうが、

複雑なのです。宗旨仏教というのは。

大抵同じ宗派内で罵倒しあっていることが多く、

面倒臭いのです。

この宗派は実行力がともなうぶん特にめんどくさく、

日蓮宗

現在でも時々問題を起こしているカルトに近い教団や、

平和運動、中にはインドへ仏教を逆輸入した猛者もおり、

日蓮さんの理想を求める激しさの血脈は、

今も脈々と受け継がれているようです。

今日も車の安全祈祷をしていたのですが、

強烈な気合いで、朗々と祈祷をされていました。

修行しているお坊様の中には時々凄いのがいるので

軽口を叩いていると墓穴を掘ることになるので

気をつけなければなりません。







源氏物語 夕顔の巻に興味のある方はこちらをどうぞ、「奈良で源氏物語


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2019 年 03月 »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ