2011/01/03:ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-01-03 18:36:55 0 Comments

男女の中はまわりがどうのこうの言っても

どうにもなりません。特に親が子にごちゃごちゃ言えば

火に油を注ぐことになり

お互いが一生背負わなければならない傷になる場合も多く

特に気をつけなければなりません

どうするのかは、やはり我々のような専門家に相談することが

第一ですが、中には趣味で占いの本を研究し子供さんを

指導しようとする方が時々いますが、気をつけて下さい。

わかりやすいものほど、ザックリな相性で、中には学年単位で

何年生まれと何年生まれは相生だから相性がいいなどと言う

とんでもないものが実際あり、人気があり実に良く売れています。

どれだけそれが大嘘かは、身近な人の実際と照らし合わせれば

すぐわかることです。その手の占いに信を置くのはそれで良いのですが

大きなチャンスを捨てることになるので注意して下さい

また、大きな罪作りをすることになるので注意して下さい

これは、知り合いに実際あったことなのですが

年単位の相性を使い実際鑑定などもしていた人なのですが

とても素敵な夫婦だったのですが、奥様が病気になり

亡くなったとき、残されたご主人が

「自分が剋す関係になっていたから

病気で亡くなってしまった。悪いのは自分せいだ。」

こう言って自分を責めていました。

その鑑定法を信じている限り彼には救いがありません

方位にも、まったく同じようなことが言えます

人を救い解放するべき術で人がガンジガラメになっては本末転倒です

もし、本当の術を求めるのなら、よくその術を研究し

ただ鵜呑みにするのではなく、自分が実践し結果を得て

人に伝えて下さい。罪作りは決してしてはいけません


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 01月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2024 06月 (5)
2024 04月 (3)
2024 03月 (2)
2024 02月 (3)
2024 01月 (4)
2023 12月 (6)
2023 11月 (4)
2023 10月 (5)
2023 09月 (11)
2023 08月 (6)
2022 09月 (3)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ