2011/01:ブログ

2 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2011-01-23 12:33:47 0 Comments

サッカーが面白くなっていますね。

前にも書いたのですが、期待通りに動いています

楽しみですね。

以前は勝敗を易で見ていたのですが、

最近は易を出していません。

お陰でハラハラドキドキと楽しませてもらっています

スポーツは勝負が判らないところが、醍醐味ですね

岡崎の二人目のお子さんの誕生に喜んだり

長谷部キャプテンの敢闘精神に勇気をもらったり

卓球のかすみチャンのインタビューにもらい泣きしたり

ヒーローやヒロイン達の、

なにも作らない自然な生きる姿に感動させてもらっています

スポーツ界も今年は目が離せませんね。


2011-01-19 12:05:17 0 Comments

御贈答品を頂戴することがあります。

本来なら、こちらからお礼の連絡なりをするべきなのですが

仕事の性格上信用に関わることなので、こちらから連絡することは

控えさせて頂いております。悪しからず御了承下さい。

(本日も頂き物をしたのですが、本当にありがとうございました。

でも、あまり気を使わないでくださいね。)


2011-01-13 22:02:47 0 Comments

16歳から19歳の男性の3分の1がsexに対し「関心がない」または「嫌悪している」と厚生省の研究チームから発表されました。草食系男子が増えたと裏づけるデーターだと報道されていましたが、どうでしょう?大学の入学式に母親が付いて来るご時世です。「最近の青少年は一般的に女性に対し信頼が置けない。」「自分の側にいる母親だけは信用できる。」これが彼等の本音なのではないでしょうか。

これはsexアピールが無意味になって来た兆候です。もし、正式な結婚を望むのなら、自分を女として売り込むのではなく、信用できるパートナーとして売り込むことが最も有効なアピールの仕方と言うことでしょう。「自分と同じように彼は思ってくれているのか?」ではなく、「どうすれば彼から信用してもらえるのか?」

これからの時代の流れです。

男性が結婚のリスクを真剣に考え始めたと言い換えてもいいと思います。

難しい世の中になりました。

落語の「明け烏」を一度聞いてみて下さい。別な意味でこのような男性の典型が描かれています。


2011-01-13 14:29:09 0 Comments

占いが毒になるが場合があります

例えば、「就職はがんばれば8月に決まりますよ」とお答えすると

8月か。じゃ、それまで遊んでよ。

これでは、どうにもなりません。

本人が占いに頼る程、一生懸命就職を探す勢いに反応して

易は答えを出すのですが、本人の心の熱が冷めた途端に易は変わります

おりこうさんは、それでは、その人が冷めるのが易では解らなかったのか?

易とはそんなもんか。と言うのですが、占いで

「君じゃ無理」と答えを出されるのと「8月までガンンバレ」と言われるのでは

どちらに救いがあるでしょうか。

易に限らす占いは起きている事実をちゃんと把握することと、

たとえ小さくても希望の窓を開くことが大切です

受ける方も占いを毒にしてはいけません。


2011-01-12 17:05:53 0 Comments

開運トリートメントが好評なので少し書いておきます。

だいたいの方は初回では何とも感じないようですが、

翌日位から、なんとなく「気が晴れる」感じになり

人によっては、やる気が出たり、心の中が不思議と整理でき、

積極的に歩みだしたりと、興味深い現象がいくつか報告されています。

できれば、一日おきくらいに3回受けてもらうのがいいのかもしれません。

中には3回しか無料ではないので、

いざと言う時までとっておく方もいるようですが、

車の試運転のようなもので、適当に開運トリートメントに慣れておいた方が

必要な時に働くかもしれません。


2011-01-07 10:33:56 0 Comments

今日の読売新聞の記事に女性の涙は

男性の興奮を沈静化させると報道されていました

イスラエルの科学研究所が、アメリカの科学誌の「サイエンス」に発表した論文です
読売新聞

泣くことはストレス発散の行為で、

心身の健康を考えれば、とても重要なことですが、

恋愛の場に置いては、男の興ざめを誘う行為のようです

気をつけて下さい。2回くらいは何とかなりますが、

3回目は別れ話に繋がりかねません





マウスの雄の涙にはフェロモンがあり、メスの生殖活動を誘引する作用があるそうです。人間にはないそうですが、進化の過程で退化しただのとハッキリしたことは解っていません。しかし、もともとはあったのではないかと考える人もいるそうです。実際、男に泣きつかれると、つい、なんでも、許しがちの人が多いのも事実ですし、母性本能を刺激されて、自分がいなければ.......。と切るに切れない関係に苦しむ人が多いのも事実です。


2 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2011 年 01月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ

全て
2024 06月 (5)
2024 04月 (3)
2024 03月 (2)
2024 02月 (3)
2024 01月 (4)
2023 12月 (6)
2023 11月 (4)
2023 10月 (5)
2023 09月 (11)
2023 08月 (6)
2022 09月 (3)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ