2016/08:ブログ

3 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2016-08-06 06:34:39 0 Comments

昨夜また面白い夢を見ました。

つい最近までは夢というと、ほぼ高校3年、

浪人生の時の受験勉強に追い込まれ、足りない、

足りない、と心が痛み、壊れかけると、目が覚める。

オイオイ、終わったことだろと一人嘆く。

それが、つい最近、その頃の憧れの彼女に夢の中で

「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることができ、

なぜか彼女の手ではなく、二の腕を握って伝えていて、

びっくりしたように振り返った彼女と今度は手をつないで

歩き始めたところで夢が覚め、

なぜだか、全てが終わったような気がし

なんとも晴れやかな気持ちになり、

終わった。と心の底から感じられたのです。

繰り返される悪夢の問題は完了し、解決したはずでした。

お前、女子を泣かせていたのかと思われるかもしれませんが、

実は泣かされていたのは私の方で、

かなり厳重に心の奥にしまいこんでいたようなのです。

繰り返される受験の悪夢は恋愛の傷を覆う、

オブラートだったようです。

ところが、

昨夜の夢は、今度は何やら群像劇の様相で

どこかの専門学校のようなところで

そこへ入学した動機を皆の前で発表する場面から

始まるものでした。映画の「コーラスライン」の感じです。

皆が将来の不安を抱え、誰かに感謝し、

病気に苛まれながらも未来を信じて歩む

その娘さんの口癖は「私ガンなんだー。」でした

若い頃の大竹しのぶのような体型で一見すると

健康優良児に見えたのですが、表情が振り切れていて

潔さが感じられる女性でした。

オイオイ、お前夢の中の話だぞと思われるかもしれませんが

朝の5時から起きてこれを書いています。

そのくらい鮮明な夢だったのです。

正気に戻り、何を見たのかを分析してみると

やはり自分もそうだったように若者たちの未来に対する

不安や、それぞれの事情、心の傷、それを誰かに伝えたい

聞いて欲しいのではと感じ、

自分の立場を鑑みると、少しは役に立てるかもと

思うようになり、この文を書き始めたのです。

夢の中の登場人物で一番の年長は佐々木蔵之助に似ていたので

彼のデビューを調べてみると22歳とのこと。

男女を問わず22歳までの相談者はメール鑑定のみですが

しばらく無料にします。

夢の中の彼は、奥さんに学費を出してもらっていることを

痛切に恥じていました。

ホームページのメール鑑定フォームからご連絡ください。

こちらが潰れかけるまでは続けます。


2016-08-05 07:14:30 0 Comments

人事を尽くして天命を待つ

頑張っている人の現状は、こんな感じでしょうか。

人事を尽くすと疲れが溜まるものです。

仕事を進めるうえで、人との出会い等、

なんらかの楽しみが見つけられれば、

幾らかでもストレスは発散されのですが、

既にこのことはご存知ですね。

一度回り始めた人生の車輪は誰彼の区別なく

「時間の神さん」に回され続けるようです。

こればかりは仕方ないですね。

たまには無理をしながら頑張りましょう。


2016-08-04 20:42:35 0 Comments

なすべきことをなし、「人事を尽くして天命を待つ」

人としてこの世に生を受け、しっかりと根を張り

生きていこうと決めた方の生き様です。

天晴れです。


2016-08-01 08:58:32 0 Comments

新しい都知事が決まりましたが、今回の選挙は

面白かった。終わったので書いても良いと思うのですが、

小池さんは数年前から独立心旺盛な生き方、

増田さんは、他人の尻馬に乗ってしくじる人

鳥越さんは、おごりが若い時から強く、一夜漬けで

たいていのことをクリアしてきた人、また、自分よりも

賢い人はいないと思っている方です。

持って生まれた星どおりの選択をし、出たとこ勝負で

勝ち(野党連合の推薦を分捕り)、準備不足と

ガードの弱さで負けました。





小池さん、頑固で、恐ろしい姿に変わらなければ良いなと

思って見ているのですが。

独立心旺盛ということは、誰の意見も聞かないということです。

東京都連への復讐劇が、これから始まるのかもしれません。

都連のボスは、すでに運気が落ちています。

その証拠が、運気が強いときの悪事は

ゴミネタとしか扱われませんででしたが、

運気の守りが落ちた途端、因果応報として戻ってきます。

結局、人生は日頃の素行の良し悪しが、運気の強弱に勝ると

いうことでしょう。

注目ですね。


3 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2016 年 08月 »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

アーカイブ

全て
2020 10月 (1)
2020 09月 (1)
2020 07月 (2)
2020 06月 (5)
2020 05月 (9)
2020 04月 (4)
2020 03月 (5)
2020 02月 (4)
2020 01月 (1)
2019 12月 (3)
2019 11月 (4)
2019 10月 (4)
2019 09月 (6)
2019 08月 (10)
2019 07月 (16)
2019 06月 (6)
2019 05月 (6)
2019 04月 (8)
2019 03月 (13)
2019 02月 (11)
2019 01月 (10)
2018 12月 (6)
2018 11月 (6)
2018 10月 (11)
2018 09月 (14)
2018 08月 (7)
2018 07月 (7)
2018 06月 (7)
2018 05月 (7)
2018 04月 (5)
2018 03月 (3)
2018 02月 (4)
2018 01月 (5)
2017 12月 (4)
2017 11月 (3)
2017 10月 (5)
2017 09月 (8)
2017 08月 (7)
2017 07月 (10)
2017 06月 (4)
2017 05月 (1)
2017 04月 (2)
2017 03月 (2)
2017 02月 (1)
2017 01月 (2)
2016 12月 (3)
2016 11月 (3)
2016 10月 (3)
2016 09月 (6)
2016 08月 (16)
2016 07月 (10)
2016 06月 (7)
2016 05月 (3)
2016 04月 (3)
2016 03月 (2)
2016 02月 (6)
2016 01月 (4)
2015 12月 (6)
2015 11月 (4)
2015 10月 (2)
2015 09月 (7)
2015 08月 (2)
2015 07月 (5)
2015 06月 (5)
2015 05月 (4)
2015 04月 (6)
2015 03月 (5)
2015 02月 (9)
2015 01月 (4)
2014 11月 (6)
2014 10月 (15)
2014 09月 (13)
2014 08月 (8)
2014 07月 (1)
2014 06月 (2)
2014 05月 (9)
2014 04月 (5)
2014 03月 (5)
2014 02月 (10)
2014 01月 (9)
2013 12月 (7)
2013 11月 (12)
2013 10月 (10)
2013 09月 (8)
2013 08月 (7)
2013 07月 (11)
2013 06月 (4)
2013 05月 (11)
2013 04月 (5)
2013 03月 (5)
2013 02月 (6)
2013 01月 (5)
2012 12月 (7)
2012 11月 (10)
2012 10月 (8)
2012 09月 (15)
2012 08月 (11)
2012 07月 (17)
2012 06月 (12)
2012 05月 (23)
2012 04月 (21)
2012 03月 (26)
2012 02月 (15)
2012 01月 (13)
2011 12月 (19)
2011 11月 (12)
2011 10月 (17)
2011 09月 (14)
2011 08月 (10)
2011 07月 (23)
2011 06月 (22)
2011 05月 (16)
2011 04月 (8)
2011 03月 (20)
2011 02月 (11)
2011 01月 (15)
2010 12月 (15)
2010 11月 (11)
2010 10月 (27)
2010 09月 (15)
2010 08月 (6)
2010 07月 (6)
2010 06月 (5)
2010 05月 (6)
2010 04月 (15)
2010 03月 (2)


△ページトップへ